SCORE CARDBACK NUMBER

万全の対策で得た、
女子レスリングの強さ。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byKeijiro Kai

posted2006/10/26 00:00

万全の対策で得た、女子レスリングの強さ。<Number Web> photograph by Keijiro Kai

 中国の広州で行われていたレスリングの世界選手権で、日本の女子が7階級すべてでメダルを手にした。五輪種目の4階級でも、48kg級の伊調千春(綜合警備保障)、55kg級の吉田沙保里(同)、63kg級の伊調馨(中京女大)が金メダル。72kg級の浜口京子(ジャパンビバレッジ)も銀メダルを死守した。'04年のアテネ五輪後、外国勢の追い上げで今後は苦戦になると日本の首脳陣は予想していた。さらにルールが2分3ピリオドに変わり、じっくり攻めるタイプの多い日本選手には不利という声もあった。だが結果は、文句なしの圧勝。あらためて、日本の底力を世界に見せつけたといえる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 648文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 黄金の行方。Still Believe in Football

関連記事

伊調馨
伊調千春
吉田沙保里
浜口京子
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ