Number Do ExBACK NUMBER

「無理に競うことはしないし、人と比較して自分が一番という価値観はもういい」“華麗すぎるキャリア”を持つ山口真由がランで得た新たな気付き 

text by

吉川明子

吉川明子Akiko Yoshikawa

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2022/05/12 17:00

「無理に競うことはしないし、人と比較して自分が一番という価値観はもういい」“華麗すぎるキャリア”を持つ山口真由がランで得た新たな気付き<Number Web> photograph by Miki Fukano

現在は、信州大学特任教授としてメディアで活躍している山口真由さん。ランニングを始めた理由とは?

 走る時の持ち物は家の鍵とクレジットカードだけ。水も持っていかないし、音楽も聴きません。ウェアもぜんぜんこだわりがなくて、ユニクロのTシャツ。シューズも家にあるものを履いていたのですが、Number Doのランニング取材を受けることになったので、いい機会だと思って買いに行きました。

 店員さんに、「どれくらい走りますか?」「タイムを出したいですか?」「走りやすいほうがいいですか?」といろいろ聞かれて、タイムは関係なくて走りやすいものがいいと伝えたら、「タイムを意識しないなら軽くなくてもいいですから、なるべく底が厚いものの方が走りやすいですよ」と言われました。何足か試し履きして、「HOKA ONE ONE」のシューズにしました。色はオレンジです。箱根駅伝とかを見ていると、鮮やかなシューズで、一歩一歩が際立って見えますよね。だから、シューズは絶対明るい方がいいと思ってたんです。家に帰って妹にシューズを見せたら、「いいじゃん。それさ、あんたにしては信じられないくらい高いの買ったでしょ?」って言われて。確かにそうでした(笑)。

皇居ランナーを見て「意識高っか!」って思ってたんです

 私は内向的な人間なので、人に会う時間と自分ひとりの時間をちゃんと調節しなきゃいけないのに、自分ひとりの時間が取れなくなっていったり、人に合わせなきゃいけなくなったりすると、「わー」ってパニックになるタイプ。でも、走っている時は自分と向き合えるのがいいですね。走っている時の頭の中は白紙の時もあれば、とめどなく何かを考えている時もあって、それらの状態を行き来している感じがすごく好きですね。あとは目の前の走路を見て、「こっち走ろうかな」などと、考えるでもなく考えているというか。

 以前、石原良純さんに、「きれいに抜ける時は抜きなさい。同じくらいで競るんだったら抜かしちゃいけない。相手も消耗するし、自分も消耗するから」と教えてもらったことがあって、それは意識しています。抜かせる時は抜かしますが、私はきれいに抜かれる方じゃなくて、他のランナーに抜かれたら少しムカつきます。でも最近、抜かされることが怖いんじゃなくて、後ろから近づいてくる足音と抜かれるかもしれないという状態がすごく嫌だということに気づきました。振り返って確認するのもプライドが許さない。

 でも、無理に競うことはしないし、人と比較して自分が一番という価値観はもういい、と思うようになりました。「もっと早く、もっと遠く」じゃなくて、自分で自分を信じられる、揺るぎない確信を大事にしたい。毎日変わらず走り続けるものがあるとそれが自分の基準になり、それらが蓄積されると、周囲に惑わされず、自分が信頼に値する人間だと思えるようになるんです。

 前に皇居ランナーを見て「意識高っか!」って思ってたんですけど、自分が走り始めるようになってそうじゃないなと思ったし、みんなそれぞれの必然性があって走っていたんだなということが実感できました。

撮影=深野未季

山口真由(やまぐちまゆ)

1983年、北海道生まれ。東京大学在学中に司法試験合格。卒業後、財務省と法律事務所勤務を経てハーバード大学ロースクール。ニューヨーク州弁護士。講演や執筆などで活躍。

発売中のNumber Do「RUNの学校」では、山口真由さんのほか、八代英輝さん(元裁判官/国際弁護士)、金子三勇士さん(ピアニスト)、大阪府警陸上部の皆さんに聞いた“走る理由”を紹介しています。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

RUNの学校2022

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number Do 2022 vol.40

RUNの学校2022

高橋尚子×大迫傑スペシャル対談/東京マラソン

【SPECIAL LESSONS】
高橋尚子×大迫傑「結果を出す思考法」

東洋大&箱根駅伝「血糖値を活用せよ」

為末大×上田瑠偉「体の巧みな動かし方」

厚底時代に必要な補強トレは?

\特別付録/ 高橋尚子監修 ランナー手帖2022

定価:本体1210円(税込)目次ページへ

関連記事

BACK 1 2
山口真由
石原良純

陸上の前後の記事

ページトップ