Number ExBACK NUMBER

青学・原監督も驚く「時代が変わった」 今季の箱根駅伝“1年生ランナー”から史上最強ルーキーが誕生するか?

posted2020/12/17 17:03

 
青学・原監督も驚く「時代が変わった」 今季の箱根駅伝“1年生ランナー”から史上最強ルーキーが誕生するか?<Number Web> photograph by Ichisei Hiramatsu

順天堂大学のゴールデンルーキー三浦龍司。1017号掲載「時代を変えるルーキーズ」のアザーカット

text by

涌井健策(Number編集部)

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

PROFILE

photograph by

Ichisei Hiramatsu

 今回の箱根駅伝に登録した20大学320名の選手のうち、「53名」。

 これが何の数字かおわかりだろうか?

 エントリーされた1年生ランナーの人数である。最多は城西大学と神奈川大学の6名で、それに駒澤大学が5名、東洋大学、早稲田大学、専修大学が4名で続いている。

 4学年を均等に割り振れば80名となるため、これが印象としては多いか、少ないか意見が分れるかもしれないが、決して「多い」というわけではない。前回大会では66名がエントリーされており、特別な数字ではないのだが、そのルーキーたちが今回の箱根路では大きな注目を集めている。

「たくましいふくらはぎはラグビー選手のよう」

 発売中のNumber1017号「箱根駅伝 ベストチームを探せ!」では、12月10日発表の20大学、320名のエントリー選手を網羅した<箱根駅伝選手名鑑2021>が別冊付録となっており、その名鑑でも全ルーキーをコメント付きで紹介している。

 コメントの一例を紹介する。

「筋肉質のたくましいふくらはぎはラグビー選手のようだ。力強い走りが特徴。先輩に可愛がられるキャラ」(駒大・唐澤拓海選手)

「インターハイでは1500mと3000m障害で入賞。高2時の都道府県駅伝では1区区間賞と大舞台に強い」(早大・菖蒲敦司選手)

「1年生ではチームで唯一予選会を走り、ハーフを1時間3分43秒でまとめた。同大先輩の井上大仁に憧れている」(山梨学大・新本駿選手)

1年生ランナーが注目される「2つの理由」

 ルーキーたちが注目を集めるのには2つの理由がある。

 ひとつは前哨戦での活躍だ。

 10月17日の箱根駅伝予選会では、順天堂大学の三浦龍司が日本人トップとなる個人5位に入り、タイムは初のハーフにもかかわらず61分41秒のU20日本新記録で周囲を驚かせた。それに吉居大和(中大)は61分47秒で10位、石井一希(順大)も62分9秒で21位と好走して続いた。

 そしてそれ以上に驚きだったのが、11月1日の全日本大学駅伝だ。

【次ページ】「一流ランナーの証」上位10名は全員28分台

1 2 NEXT
三浦龍司
吉居大和
青山学院大学

陸上の前後の記事

ページトップ