吉居大和 

箱根駅伝まであと半年「優勝争いに波乱を起こすかも」…昨年以上の好調ぶりを見せた“3つのダークホース候補”とは? 

箱根駅伝PRESS

箱根駅伝まであと半年「優勝争いに波乱を起こすかも」…昨年以上の好調ぶりを見せた“3つのダークホース候補”とは? 

箱根駅伝を目指す大学にとって春の重要なレースは関東インカレ、そしてシード権を失ったチームは全日本大学駅伝の地区予選会の2… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2022/05/30

「もっと色々な選択肢があっていい」“箱根駅伝偏重”に一石を投じた林田洋翔20歳(三菱重工)が「高卒即実業団」から見据える世界の頂

オリンピックPRESS

「もっと色々な選択肢があっていい」“箱根駅伝偏重”に一石を投じた林田洋翔20歳(三菱重工)が「高卒即実業団」から見据える世界の頂

「高校卒業後の長距離ランナーの進路は関東の有力大学に偏っていますけど、本来はもっと色々な選択肢があっていいと思うんですよ… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

駅伝

2022/05/03

大学駅伝、個人戦シーズンの“横綱”はだれ?…田澤廉・三浦龍司・ヴィンセント、箱根駅伝ランナーの“春場所番付”を考えてみた

箱根駅伝PRESS

大学駅伝、個人戦シーズンの“横綱”はだれ?…田澤廉・三浦龍司・ヴィンセント、箱根駅伝ランナーの“春場所番付”を考えてみた

箱根駅伝ランナーで誰が一番強いのか。熱狂的なファンならばいくらでも語ることができるだろう。 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

陸上

2022/04/16

「記録や順位は追わない」吉居大和、近藤幸太郎、山本修平…箱根駅伝のスター選手を輩出する“愛知のご当地クラブ”「TTランナーズ」とは?

オリンピックPRESS

「記録や順位は追わない」吉居大和、近藤幸太郎、山本修平…箱根駅伝のスター選手を輩出する“愛知のご当地クラブ”「TTランナーズ」とは?

「子どもたちにはできるだけ上のステージで勝負してほしいと思っています。だから絶対に無理はさせません。クラブとしては記録や… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

駅伝

2022/04/07

箱根駅伝、青学大・明大との“差”に苦しみ…中央大1年生キャプテンが泣いた“どん底の日”、名門が10年ぶり「シード権」で復活するまで

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根駅伝、青学大・明大との“差”に苦しみ…中央大1年生キャプテンが泣いた“どん底の日”、名門が10年ぶり「シード権」で復活するまで

中央大学が定位置である「シード権」に帰ってきた。実に、2012年以来10年ぶりというのだから、ずいぶんと長い低迷だった。10年前… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2022/01/09

箱根駅伝“伝説の1区記録”が15年ぶりに更新…「自分で行くとは決めてはいなかった」中大・吉居大和はなぜ26秒も更新できたのか

箱根駅伝PRESS

箱根駅伝“伝説の1区記録”が15年ぶりに更新…「自分で行くとは決めてはいなかった」中大・吉居大和はなぜ26秒も更新できたのか

後続に4分01秒という信じられない大差をつけた区間記録は“伝説の快走”として語り継がれている。その記録が2022年の箱根駅伝で… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

駅伝

2022/01/05

「箱根駅伝4連覇を目指す」「先輩だろうと、負けるのは嫌」区間新・ごぼう抜きの新星や大エースは何を考え、大舞台を駆けたのか

スポーツ名言セレクション

「箱根駅伝4連覇を目指す」「先輩だろうと、負けるのは嫌」区間新・ごぼう抜きの新星や大エースは何を考え、大舞台を駆けたのか

チームのために良い流れを作れるのがエースなのかなと思います。(吉居大和) 続きを読む

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

駅伝

2022/01/05

相澤晃、三浦龍司…のちの箱根駅伝エース、スーパールーキーたちは進学先をどう選んだ?【高校時代秘話】

箱根駅伝PRESS

相澤晃、三浦龍司…のちの箱根駅伝エース、スーパールーキーたちは進学先をどう選んだ?【高校時代秘話】

箱根駅伝を目指して本格強化している大学は現在40校ほど。各10人程度のスポーツ推薦枠を持っていることもあり、その枠を確保する… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

駅伝

2021/01/03

【波乱の箱根駅伝】最強世代「往路を走った1年生16人」の“明暗” 青学大・佐藤一世(4区)は「50点くらい…」

箱根駅伝PRESS

【波乱の箱根駅伝】最強世代「往路を走った1年生16人」の“明暗” 青学大・佐藤一世(4区)は「50点くらい…」

三浦龍司(順天堂大)、佐藤一世(青山学院大)、石原翔太郎(東海大)……彼らだけではなく、他の学校でも1年生を戦力にカウン… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2021/01/02

区間エントリーから読み解く第97回箱根駅伝。出場「確定」の選手から思惑が見えてくる。

第97回箱根駅伝(2021)

区間エントリーから読み解く第97回箱根駅伝。出場「確定」の選手から思惑が見えてくる。

12月29日に第97回箱根駅伝の区間エントリーが発表されてから1月2日までの間は、「推理」を楽しむ時間である。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2020/12/31

今季の箱根駅伝、“補欠”が豪華すぎる事情 國學院大・前田監督「じつは“当て馬”というフェイクもありうる」

箱根駅伝PRESS

今季の箱根駅伝、“補欠”が豪華すぎる事情 國學院大・前田監督「じつは“当て馬”というフェイクもありうる」

いつもとは違う箱根駅伝――ちょっとしたルール変更が、勝負の行方を大きく左右するかもしれない。当日に交替できる人数が前回ま… 続きを読む

和田悟志Satoshi Wada

駅伝

2020/12/30

大迫傑も“厚底”も破れなかった箱根駅伝最古の区間記録「1区」 14年前の伝説の記録を更新する条件とは

箱根駅伝PRESS

大迫傑も“厚底”も破れなかった箱根駅伝最古の区間記録「1区」 14年前の伝説の記録を更新する条件とは

前回の箱根駅伝では7区間で区間記録が更新される歴史的な高速レースとなった。しかし1区で区間賞を取った米満怜(創価大4年、現… 続きを読む

加藤康博Yasuhiro Kato

駅伝

2020/12/28

三浦龍司、吉居大和……「2022年の箱根駅伝」で見られる? 次世代の大物ルーキー候補たち【高校駅伝】

箱根駅伝PRESS

三浦龍司、吉居大和……「2022年の箱根駅伝」で見られる? 次世代の大物ルーキー候補たち【高校駅伝】

今年は、日本人だけの高校最高記録が更新され、歴代記録10位内に5チームが入り、昨年よりも高速化が進んだといえよう。個々を見… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2020/12/21

青学・原監督も驚く「時代が変わった」 今季の箱根駅伝“1年生ランナー”から史上最強ルーキーが誕生するか?

Number Ex

青学・原監督も驚く「時代が変わった」 今季の箱根駅伝“1年生ランナー”から史上最強ルーキーが誕生するか?

今回の箱根駅伝に登録した20大学320名の選手のうち、「53名」。これが何の数字かおわかりだろうか? 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

駅伝

2020/12/17

「不謹慎かも知れないけど…」レース前の新谷仁美の姿が泣けた理由…29年ぶりの陸上「神回」を振り返る

スポーツ・インテリジェンス原論

「不謹慎かも知れないけど…」レース前の新谷仁美の姿が泣けた理由…29年ぶりの陸上「神回」を振り返る

「不謹慎かも知れないけど、スタート前に色んな感情が入り混じってたであろう新谷さんの表情が、僕の中では最も感動的で泣けた」 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

陸上

2020/12/09

復権を期す名門、順天堂大学と中央大学。スーパールーキーの“花の2区”抜擢はあるか。

第97回箱根駅伝出場校紹介

復権を期す名門、順天堂大学と中央大学。スーパールーキーの“花の2区”抜擢はあるか。

箱根駅伝予選会からの出場ながら、今回、上位争いを掻き回しそうなのが、62回目の出場となる順天堂大学だ。10月の箱根駅伝予選会… 続きを読む

箱根駅伝2021取材チームhakone ekiden 2021

PR

2020/12/09

田中希実(21)vs廣中瑠梨佳(20)、“19人が周回遅れ”の新谷仁美……「神回だった」日本選手権を振り返る

オリンピックPRESS

田中希実(21)vs廣中瑠梨佳(20)、“19人が周回遅れ”の新谷仁美……「神回だった」日本選手権を振り返る

日本記録の更新が4つ、東京五輪の代表内定者3名――。歴史的なタイムと東京五輪の代表内定者が生まれた今回の日本選手権は、実り… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

陸上

2020/12/07

3強の牙城を崩せるか。早大、順大、中大が備える「ダークホース」の条件。

第97回箱根駅伝(2021)

3強の牙城を崩せるか。早大、順大、中大が備える「ダークホース」の条件。

箱根駅伝の前哨戦ともいえる全日本大学駅伝は、駒澤大学がアンカー勝負で6年ぶりの優勝を果たし、強さを見せつけた。箱根駅伝で… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

PR

2020/11/16

<箱根駅伝予選会のヒーロー> “名門”中央大復活へ、「スーパー1年生」吉居大和は最後の切り札か

スポーツ・インテリジェンス原論

<箱根駅伝予選会のヒーロー> “名門”中央大復活へ、「スーパー1年生」吉居大和は最後の切り札か

「勝ち切れないですね」この言葉を何度、藤原監督から聞いたことか。しかし2020年、中大は変身した。変化をもたらした象徴が、1… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2020/10/20

ページトップ