マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフトウラ話「なぜ西武は外れ1位で投手を獲らなかった?」右の大砲・渡部健人を急浮上させた“ある動画”

posted2020/11/10 17:04

 
ドラフトウラ話「なぜ西武は外れ1位で投手を獲らなかった?」右の大砲・渡部健人を急浮上させた“ある動画”<Number Web>

西武から繰り上げ1位で指名を受けた桐蔭横浜大の渡部健人(176cm、112kg)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

 今季、学生野球最後の公式戦となる「関東地区大学野球選手権」が、横浜スタジアムで開幕した。

 例年なら、「明治神宮大会」の予選となる大会だが、今年はコロナで本戦が中止になったから、4年生にとっては、これが学生野球の「卒業式」となる。

 第1試合で共栄大が白鴎大を下し、第2試合では神奈川大が武蔵大に敗れた。第3試合では神奈川大学リーグを制覇した桐蔭横浜大が、千葉県大学リーグ優勝の中央学院大と対戦した。

 2回、桐蔭横浜大の攻撃。この回先頭の4番・渡部健人三塁手が、ダグアウトから小走りに打席に向かう。10月26日で、西武からドラフト1位に指名された注目の「右の大砲」だ。

 打席で向き合う中央学院大のエース・古田島成龍(3年)だって、アベレージ140キロ前半の速球とカットボール、パワーカーブで来年のドラフト有力候補と目されている剛腕。ドラフト1位・渡部健人にとっても、手強い相手に違いない。

 決着は早かった。3球目、渡部健人の最初のひと振りが捉えた古田島成龍の速球は、次の瞬間、もう横浜スタジアムのレフトスタンド上空に舞い上がり、一瞬見えなくなってからスタンド最上段に着弾していた。

 まさに、打った瞬間ホームランの“完璧大放物線”。ネット裏から見ていても見事な弾道だったが、あれを一塁側スタンドあたりから見ていたら、どんなに胸の透くような大アーチだったろうか。勿体ないことをした……と思うほどだった。

「10試合8本」でも…スカウトがあんまり見に来てなかった

 桐蔭横浜大・渡部健人の評価を、一気に「ドラフト1位」にまで押し上げたのは、この秋のリーグ戦10試合で量産した「8本塁打」が大きかったという。

 しかし、それは、リーグ戦の行われた球場だけのパフォーマンスではなかった。

「10試合で8本っていうハイペースもすごかったけど、それ以上にホームランの内容がよかった」

 桐蔭横浜大・齊藤博久監督の証言だ。

【次ページ】でもスカウトがあんまり見に来てなかった

1 2 NEXT
埼玉西武ライオンズ
渡部健人
桐蔭横浜大学

プロ野球の前後の記事

ページトップ