マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「2年連続最下位オリックスがなぜ“高校生”ばかり…」が的外れなワケ ドラフトウラ話【オリ・楽天編】

posted2020/11/11 17:02

 
「2年連続最下位オリックスがなぜ“高校生”ばかり…」が的外れなワケ ドラフトウラ話【オリ・楽天編】<Number Web> photograph by KYODO

オリックスから1位指名を受け、母美智代さん(左)と笑顔を見せる福岡大大濠高の山下舜平大投手

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

KYODO

「祭り」が終わった。

 毎年、ドラフト直後の数日間は、心身からすべてのパワーが抜け落ちたような脱力状態が続く。

 いけない、いけない……と思って、わずかに行われている大学リーグ戦などに出かけてみるのだが、「見る」というより、ただボンヤリしている時間のほうが長いようで、それでもむしろ、そうした心身状態のほうが、見えるもの、気づくこともあったりして、なんとも野球の「奥深さ」をあらためて思い知らされたりしている。

 この時期、いつもなら「ドラフト振り返り」として、12球団の指名具合を振り返る文章を書いたりするのだが、今年は私なりの視点から、各球団別に「ドラフト答え合わせ」を行ってみたいと思う。

 ドラフトには「指名順」があり、当然のように「1位指名」から注目され、大きな期待がかけられるのだが、それはファン目線での話で、ドラフトの現場としては、それとは別に「キーパーソン」となる選手がいて、それは上位指名の選手とは限らない。

 そのようなことにも触れながら、「2020ドラフト答え合わせ」を進めていく。初回は、まず真っ向勝負で、「収穫大」のドラフトになったと思われる2球団を取り上げたい。 

【楽天編】オールアマチュアNo.1の「実戦力」

 1位指名・早川隆久(投手・早稲田大)の「入札」が4球団で済んだのは、むしろ少なかったぐらいだろう。「早川か?」と思われた日本ハム、広島、DeNA、中日が独自路線の1位指名に切り替えたおかげだ。

 いつもなら右手で抽選をする石井一久GMが、

「今年は左腕を引き当てるのだから、左手でしょ」

 と、掴んだクジに“選択確定”の印があった。

 早川隆久の現時点での「実戦力」は、文句なしにオールアマチュアNo.1だ。アベレージで145キロ前後、ここ一番にはそれが150キロ台にヒートアップし、いつでもストライクのとれる変化球を3種類は用意して実戦に臨む。

 狙ったポイントに70%以上の精度で投げ分け、タイミングを外そうとする意欲も旺盛。野球に対しても、真っすぐ過ぎるぐらい、真っすぐだ。

 もうちょっと「牽制」に興味を持てば……と思うが、プロに行けば、投手の「エチケット」として、そこはみっちり仕込まれる。春のキャンプを元気に乗り越えれば、来季あたまからローテーションで投げて、10勝ラインも見えてくる。

「上から4人」はどれも朗報

 そんな左腕エースの素材と共に、近未来に左右の二枚看板を張れる逸材を「2位」で獲ったのだから、楽天ドラフトのポイントは高い。

【次ページ】「上から4人」はどれも朗報

1 2 3 4 NEXT
東北楽天ゴールデンイーグルス
オリックス・バファローズ
早川隆久
高田孝一
山下舜平大
元謙太

プロ野球の前後の記事

ページトップ