Number ExBACK NUMBER

野球を世界で喩え、世界を野球で。
伊藤亜紗が考える「スポーツ翻訳」。 

text by

宮田文久

宮田文久Fumihisa Miyata

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2020/05/18 07:05

野球を世界で喩え、世界を野球で。伊藤亜紗が考える「スポーツ翻訳」。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

ラグビー選手の感覚を、ラグビー経験のない人が体験する。それを可能にするのが「翻訳」である。

逆に世界を「野球フィルター」で見ることも。

――この翻訳の先に、日常における各スポーツの本質が発見される瞬間もありそうですね。たとえば掃除機をかけている瞬間、料理をして味噌をといている瞬間などに、「あ、これってあの競技っぽい」という翻訳も起こりうるのでは、と。

「まさに世界観、世界を見るフィルターですよね。もちろん、この『見えないスポーツ図鑑』での翻訳の結果が、各競技の唯一の翻訳の仕方ではありません。もっとたくさんの、世界観の翻訳の仕方があるだろうと思います。

 世界観と言えば、『レトリックと人生』(G・レイコフ、M・ジョンソン著)という本があります。レトリックは現実を分析するものであると共に、現実を変える力がある。たとえば『ツーアウト満塁から逆転だ』と言うように、ピンチをチャンスに変えようとすることを野球にたとえる、というようなことが多い人は、人生も野球に寄っていくはずなんです(笑)」

――たしかに、総力を結集して何かにあたるとき、「全員野球でいこう!」という人の人生は、野球的かもしれません。

「そうなんです。どのスポーツに現実をたとえるかということが、世界を見るフィルターの違いでもあるように、『見えないスポーツ図鑑』もまた、現実を捉えるフィルターであり、世界観なのだと思います」

関連記事

BACK 1 2 3 4
伊藤亜紗
福田岳洋
古川拓生

他競技の前後の記事

ページトップ