草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

センバツ中止で「幻」となった、
中京商と岐阜商の61年ぶりの決勝。

posted2020/03/26 11:40

 
センバツ中止で「幻」となった、中京商と岐阜商の61年ぶりの決勝。<Number Web> photograph by Kyodo News

当時の皇太子のご成婚と重なり、大会の歴史上唯一の決勝放映がなかった第31回。後の名監督、杉浦藤文擁する中京商が優勝した。

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 令和初開催となるはずだった春の選抜高校野球が、史上初の中止となった。「球児の夢を奪った」という反対意見があれば「英断だった」と称賛する声もある。

 阪神大震災(1995年)は大会までおよ2カ月の1月17日だったが、甲子園球場がある兵庫県西宮市も甚大な被害に見舞われた。津波や原発など、被害の大きさではそれを上回る東日本大震災(2011年)は、被災地との距離はあったが大会直前の3月11日だった。

 このいずれでも開催に踏み切った高野連が、今回は断腸の思いで中止を決めた。反対意見も理解できるが、その決断の重さもひしひしと伝わってくる。

放映されなかったセンバツ決勝。

「第92回」が史上初なら、史上唯一だったのが「第31回」。

 1959年。昭和でいえば34年の大会は、中京商(現・中京大中京)と岐阜商(以下、県岐阜商)が決勝を戦ったのだが、テレビ中継が始まって以降の甲子園大会で唯一、放映されなかった。当時の皇太子、つまり現在の上皇さまご夫妻のご成婚と重なってしまったからだ。

 NHK、民放問わず、全局がロイヤルウエディングの模様を生中継。地上波のみの当時では、さすがの選抜も誰にも注目されることはなかったというわけだ。隣県対決は3-2で中京商が逃げ切り、3度目の紫紺の大旗をつかんだ。そして敗れた県岐阜商には、のちに野球界のレジェンドとなる選手がいた。

「私にとっては非常に思い出深い試合です。もちろん、テレビ中継がないのは当たり前。世の中はご成婚一色なんだから。そのことよりも、リードしていたからね。雨が降っていなければ勝てたんじゃないか。そう思ったわけですよ」

 今年1月に急逝したミスタードラゴンズ・高木守道氏の生前の言葉である。

 県岐阜商の主将であり3番。ほろ苦い青春時代の敗戦だが、当初のスケジュールでは4月8日が決勝戦だった。ご成婚を見越して降雨強行され、3回までは県岐阜商が1-0でリード。ところが雨脚が強まり、ノーゲームになった。翌9日も雨天順延。ついに10日のご成婚と重なってしまった。

【次ページ】 伝説の名監督・杉浦藤文。

1 2 3 NEXT
高木守道
杉浦藤文
中京大中京高校
高橋宏斗
県岐阜商業高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ