相撲春秋BACK NUMBER

引退してもなお男道は続く……。
境川親方と豪栄道の“やせ我慢”美学。 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/01/31 17:00

引退してもなお男道は続く……。境川親方と豪栄道の“やせ我慢”美学。<Number Web> photograph by Kyodo News

引退記者会見に臨む豪栄道。隣には目をうるませた境川親方の姿があった。

「男としていろいろ学んでいきたいです」

 そう、あれは、まだ豪栄道が小結だった、2008、9年頃の九州場所でのことだったか。

 千秋楽の結びから三番、「これより三役」では、勝利した力士が矢や弦を行司から押し頂く慣習がある。

 初めて矢を手にした豪栄道が、閑散とした支度部屋の入り口で帰り支度をしていた。付け人と談笑する豪栄道の言葉が漏れ聞こえてきた。

「これ(矢)、オヤジ(師匠のこと)はもらったことあるのかな? オヤジにあげたら喜ぶかな?」

 まさに、微笑ましいほどの“相思相愛”の師弟愛が垣間見られたものだった。

 「自分は横綱に上がれなかったので、横綱を育ててみたい。まずは師匠の元で修行し、その男っぷり――男としていろいろ学んでいきたいです」

 そう、潔く土俵を下りた豪栄道は言う。夢は次世代に受け継がれ、師弟ふたりの相撲道――男道は、これからも続いてゆく。

関連記事

BACK 1 2 3
豪栄道
舞の海秀平
境川

相撲の前後の記事

ページトップ