武蔵丸の辛口御免 Oh!相撲BACK NUMBER

今年は誰でも優勝のチャンス?
平幕力士が活躍した激動の初場所。

posted2020/01/28 18:00

 
今年は誰でも優勝のチャンス?平幕力士が活躍した激動の初場所。<Number Web> photograph by Kyodo News

近畿大学相撲部出身の徳勝龍。「花のロクイチ組」のひとりで、同期は稀勢の里、豪栄道、勢らがいた。

text by

武蔵川光偉

武蔵川光偉Musashigawa Mitsuhide

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今場所はなんと、幕尻の徳勝龍が優勝したね。

 体が動いてるし、腰の重さが際立っていた。右に左に動いて相撲の流れもよく、しかも“重い”。突き落としも巧いんだよね。

 もうひとりの平幕である正代も最後まで優勝争いをしてくれて、場所を盛り上げてくれたな。

 先場所あたりから太ってきているように見えたけど、速い相撲を取ってもいた。立ち合いに体が反っているのをいつも指摘されていたけれど、小さい頃からあの形で相撲を取っているはずだから、直せと言っても直らないんだろうね。

 逆に、誰にも真似できない。やれと言ってもできないヨ(笑)。ただ、腰を悪くしなければいいな、と思うんだ。

 2横綱が休場し、上位陣がだらしないなか、貴景勝は大関として優勝争いに絡み続けて頑張っていたけれど、きっとまだケガが治りきってないと見た。来場所までに完璧に治るように期待してるよ。

「大関のプレッシャーってすごいもの」

 豪栄道が引退か……。お疲れ様。

 今場所は自分の相撲を取り切れていなかった。ケガが多かったのもあるけれど、もともと大関としての力が足りなかったとも思う。

 33場所在位して、9回目のカド番だったでしょ?

 優勝した徳勝龍と同じ33歳。大関にならずに下の番付だったらもっと長く取れたお相撲さんだと思うんだ。それだけ大関のプレッシャーってすごいもので、無理もしてしまうんだね。

【次ページ】 「豪栄道は大関としてのプライドもあるのだと思う」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

徳勝龍
豪栄道
高安
朝乃山
正代
遠藤
武蔵丸

相撲の前後のコラム

ページトップ