マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

甲子園取材では声より表情を見る。
球児の“ほんとの顔”が知りたいのだ。

posted2019/08/14 07:00

 
甲子園取材では声より表情を見る。球児の“ほんとの顔”が知りたいのだ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

甲子園で活躍すればヒーローになる。ただし彼らはまだ10代の高校生。質問に答える表情にこそ、人となりが見えてくるのではないか。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 監督さんや選手たちとの「囲み取材」は甲子園大会の場合、試合前と試合の後、必ず1回ずつ行われる。

 試合後の囲み取材は、記事を作るのに直接的な材料になるので、ピンと張り詰めた緊張感が漂う。

 すべての記者の方たちにとって、“勝負”の時であろう。

 お立ち台には監督さんとゲームのキーマンとなった選手が上がり、そのまわりをたくさんの記者たちが取り巻いて、Q&Aが始まる。

 少しでも話を聞き取ろうとして、みんな、語り手に近づこうとするから、体がぶつかり合い、手にするスコアブックが顔に当たり、メモをとる肘で胸や腹を突かれる。人垣の中は、結構な「肉弾戦」となる。

 監督さんたちは、わりと取り囲むみんなに聞こえるように話してくれるから、内容が耳に入ってくる。しかし選手のほうはどうしても、質問者に向かって話をしがちなので、なかなか内容が聞き取れないことが多い。

話すときの表情の変化が面白い。

 そんな中で、私は、話を聞き取ろうとするより、話している選手の表情をじっと見ることにしている。

 話す内容より、話しているときの表情の変化のほうが興味深い。

 たとえば、問われることにいちいち反応して、安心したように笑ってみたり、ちょっとひねった質問には首をかしげて困った顔で「う~ん」と考え込んでみたり……。そんな選手がいれば、もしかしたら会話の豊富な家庭で育って、いろんなことを相談しながら暮らしている家族なのかもしれない。そんなことを想像してみる。

「答え」はどちらでもよいのだ。

【次ページ】 「プロ注」だった投手の取材後のこと。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高校野球の前後のコラム

ページトップ