Jをめぐる冒険BACK NUMBER

朝の情報番組でマニアックな戦術論。
「みんなのレノファ」の志が熱い。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAtsushi Iio

posted2019/05/31 11:00

朝の情報番組でマニアックな戦術論。「みんなのレノファ」の志が熱い。<Number Web> photograph by Atsushi Iio

「みんなのレノファ」を支える十川プロデューサー(左)と楢崎アナ。朝の情報番組と思えぬ濃度で、レノファ山口を熱く深く扱っている。

山口にサッカー文化を根付かせる。

 帰国した十川は東京の映像プロダクションに就職。その後、縁があって地元のyabに転職した。日本代表がワールドカップに初出場した翌年、'99年のことだ。

「まだ開局5年目だったので、いろんなことにチャレンジできそうだなと思って」

 そして、'06年にレノファ山口が誕生すると、ここぞとばかりに、社内で積極的に働きかけていくのだ。

 ホームスタジアムをオレンジで埋め、地元・山口にサッカー文化を根付かせる――。

 こうした夢を抱く十川にとって、「みんレノ」を朝の情報番組に組み込むことは、温めていた策でもあった。

「単独番組だった頃、コアなサポーターばかりが見るようになっちゃったんです。でも、それは僕らの望むことではない。サッカー文化を根付かせるためには、サッカーに興味のない人、年配の方々にも見てもらいたい。レノファサポーターを増やすということを考えたとき、『どき生てれび』のいちコーナーのほうがいい、と思ったんです」

 136万人の人口の3割が60歳以上の高齢者だと言われる山口で、2万人収容の維新百年記念公園陸上競技場を満員にするには、この層を取り込まないわけにはいかない。

 チームの応援番組だと、サッカーに興味のない人が観ることはまずないだろう。なるほど、朝の情報番組のコーナーなら、番組を観ている高齢者もそのまま「みんレノ」を観てくれるに違いない、というわけだ。

戦術解説がマニアックすぎて……。

 情報番組に内包され、20~30分の時間を得たことで、新企画が次々と生まれた。

・解説者がマニアックな内容を優しく説明する「戦術企画」
・疑問を分かりやすく解き明かす「みんレノ講座」
・選手の内面にディープに迫るインタビュー企画「one way」

 どれも、サッカーファンとサッカーに詳しくない層の両方に楽しんでもらえるように、と考えられた企画である。

 戦術企画が生まれたきっかけは、'17年から試合映像の制作をyabが請け負うようになったことだった。中継のために解説者を招くわけだから、「みんレノ」でも解説してもらうのはどうか――。

 こうして、小林伸二さん、幸谷秀巳さん、福田正博さん、中島浩司さん、森崎浩司さんといった面々がスタジオに登場した。

 もっとも、小林さんが初登場した回では、失敗を犯してしまった。十川が頭をかきながら苦笑いする。

「マニアックすぎて、スタジオがシーンとなってしまったんです。伸二さんも反省されたようで、次の出演前には奥さん相手にリハーサルをして来てくれた。奥さんには『何を言ってるのか、さっぱり分からない』と厳しくダメ出しされたようです」

【次ページ】 詳しくない=視聴者の代弁者に。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レノファ山口
みんなのレノファ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ