Jをめぐる冒険BACK NUMBER

朝の情報番組でマニアックな戦術論。
「みんなのレノファ」の志が熱い。

posted2019/05/31 11:00

 
朝の情報番組でマニアックな戦術論。「みんなのレノファ」の志が熱い。<Number Web> photograph by Atsushi Iio

「みんなのレノファ」を支える十川プロデューサー(左)と楢崎アナ。朝の情報番組と思えぬ濃度で、レノファ山口を熱く深く扱っている。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Atsushi Iio

 きっかけは昨年、タイムラインに流れてきたツイートだった。

 貼り付けられた画像を見ると、モニターや戦術ボードの前で、解説者の小林伸二さん(現ギラヴァンツ北九州監督)が熱弁を振るっている――。

 それは、サッカー番組のひとコマのようだった。

 ツイートには、小林さんの語る内容も記されていた。

 (1)守備の対策
 (2)攻撃の対策 
 (3)、(4)三幸の攻守の役割と穴の対策の提案

 三幸秀稔はレノファ山口でアンカーを務める選手だ。その攻守における役割と、穴の対策の提案……!?

 民放やCSのサッカー番組でもお目にかかれないレベルのマニアックさ。どうやら、地方のテレビ局による、J2クラブの応援番組のようだ。

 ツイートには、「みんなのレノファ」と書かれている。

 さっそく検索してみると、山口朝日放送(yab)で放映されていたが、しかし、それは応援番組ではなかった。朝の情報番組のいちコーナーだったのだ。

 地方局の、情報番組の、いちコーナーで、元監督が、マニアックな戦術論!?

 いったい、どんな人たちが制作に携わっているのだろう。

 これは、確かめに行かないわけにはいかない――。

もともと野球マンだった楢崎アナ。

 初春のある日、山口県山口市にあるyabを訪ねた。出迎えてくれたのは、2015年の放送開始以来、「みんレノ」のMCを務める楢崎瑞(るい)アナウンサーだ。

 大のサッカーフリークかと思いきや、小学生から大学生まで白球を追い続けたという野球マン。サッカーは1度しか観戦したことがなく、「ビルドアップ」という言葉すら知らない素人の状態で、大役を任されてしまった。

「ルールすらおぼつかないレベルの自分が、MCに抜擢されたんです。本当に自分でいいのかなって思いました(笑)」

 だが、サッカーを知らないからこそ、適任だった。

【次ページ】 15分の番組でも独自映像を。

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レノファ山口
みんなのレノファ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ