本継!SPORTS BOOKリレーBACK NUMBER

『竜馬がゆく(一)』
あの万城目作品に活かされた、
剣術描写での“司馬マジック”。

posted2019/05/29 07:30

 
『竜馬がゆく(一)』あの万城目作品に活かされた、剣術描写での“司馬マジック”。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『竜馬がゆく(一)』司馬遼太郎著 文春文庫 700円+税

text by

万城目学

万城目学Manabu Makime

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 小説家デビューしてから、はじめてプロとして書き上げた作品『鹿男あをによし』には、中盤結構な枚数を割いて剣道大会のシーンが展開されている。

 執筆時、この剣道大会のシーンが訪れるのが怖かった。なぜならば、それまで剣道の描写など書いたことがなかったし、そもそも剣道に関しても、高校の体育の授業で嗜たしなんだ程度の知識しかなく、本当に試合を書けるのか、迫真のつばぜり合いを描写できるのか、まったく自信がなかったからである。

 しかし、否応なしに剣道大会の場面は訪れ、追い詰められた私は『竜馬がゆく』(文春文庫全八巻)を手に取った。おそらく前回読んでから十年が経過していたはずだが、脳裏には鮮やかに竜馬が剣術道場で活躍するイメージが残っていた。いったい司馬遼太郎はどんな描写をしていたのか。まさに「師匠、勉強させていただきます」とスポーツ小説を研究する弟子の気分で私はページをめくった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

司馬遼太郎

他競技の前後のコラム

ページトップ