語ろう! 2020年へBACK NUMBER

新しい地図・草なぎ剛×山本篤&井谷俊介。
「かっこよさにこだわり続けたい」

posted2019/05/28 07:00

 
新しい地図・草なぎ剛×山本篤&井谷俊介。「かっこよさにこだわり続けたい」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

草なぎ剛(中央)とともに走る井谷俊介(左)と山本篤。パラリンピックの舞台を心待ちにする2人だ。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

「理論に裏づけされた練習しかしたくない」と語る大ベテランと
「感覚で練習している」という若手ホープ。草なぎ剛と語り合う中で
見えた、パラ陸上界を代表する2人の意外な共通点と相違点とは。
Number977号(2019年4月25日発売)の連載を全文掲載します!

 日本パラ陸上界の先駆者と期待の新星が顔を揃えた。

 山本篤、37歳。17歳で交通事故により左太ももから下を失い、高校卒業後は義肢装具士を目指して専門学校へ。陸上競技に出会うと才能を開花させ、夏季パラリンピックに北京から3大会連続出場、'16年には走り幅跳びで当時の世界記録を更新した。

 もうひとりの井谷俊介は、昨シーズン彗星のごとく現れた24歳。昨年のアジアパラ競技大会では100mでアジア新記録を樹立し、注目度が急激に高まっている。

ふたりとも“二刀流”の陸上選手。

草なぎ 井谷選手は競技を始められてまだ間もないと聞きました。

井谷 100mの短距離を始めてまだ1年と少しです。小学生から高校までは野球部で投手で、小さい頃からレーサーになりたいという夢も持っており、大学に入ってからレーシングカートを始めました。でも、約3年前にバイクの事故で右ひざから下の脚を失ってしまって。

山本 陸上競技との出会いは事故後?

井谷 そうです。事故後、地元の三重県に義足のランナーのチームがあって、母に連れられてその練習を見学に行ったのがきっかけです。そこでみなさんが楽しそうに走っているのを見たら、僕も走りたくなって。いざ走ってみると風を切る感覚が気持ちよかったし、何よりそんな僕の走る姿を見て、母まで笑顔になってくれました。

草なぎ その後すぐに本格的に陸上を?

井谷 それが、競技用義足は何百万円もするので手が出せなくて……。学生時代は陸上よりもプロレーサーになりたい気持ちが強く、レース活動を続けていて、「義足のプロレーサーになりたい!」「東京パラリンピックも出たい!」と必死になっていました。そこでとあるご縁からプロレーサーの脇阪寿一さんと出会い、それがきっかけで夢に賛同して下さる企業さんにも出会えて、最初の所属先が決まりました。

草なぎ カーレースと陸上の二刀流ですか! 聞いたことない。おもしろいですね。

山本 実は僕も二刀流なんです。陸上に出会う前からスノーボードにはまっていて、事故の後も趣味で続けていたんです。リオの後、本格的に取り組み、怪我も多かったのですが平昌パラリンピックにも出場しました。

草なぎ 平昌にも!

山本 楽しかったですよ。結果は決勝トーナメント1回戦で敗退でしたが……。

【次ページ】 陸上を始めて間もないのに11秒70。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井谷俊介
山本篤
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ