Jをめぐる冒険BACK NUMBER

令和に語り継ぐ、J平成名勝負(5)
~2003年1st第13節:磐田vs.市原~ 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/09 10:30

令和に語り継ぐ、J平成名勝負(5)~2003年1st第13節:磐田vs.市原~<Number Web> photograph by Getty Images

オシム監督がジェフで巻き起こした一大センセーション。その象徴的存在が阿部勇樹だった。

後半に主導権を奪ったジェフ。

 後半開始早々、チェ・ヨンスがGKヴァン・ズワムと1対1を迎えたのが反撃の合図。後半5分には右サイドを突破した坂本將貴が藤田に倒されてPKを獲得。チェ・ヨンスの鮮やかなチップキックで同点に追いつくと、主導権は完全に市原に移った。

 迫りくる市原のプレスを、磐田はロングボールでかわしたが、こぼれ球を拾われ、二次攻撃、三次攻撃を受ける格好になった。

 磐田にとって痛かったのは、中山雅史を欠いていたことだ。空中戦での競り合いに勝ち、こぼれ球も回収してくれるターゲットが負傷のために不在だったのだ。

 後半30分には、チェ・ヨンスの打点の高いヘッドにサンドロが詰めて、ついに市原が逆転に成功する。「勢いに飲まれた」と田中誠は振り返ったが、その言葉はまさに、市原のスタイルを言い当てていた。

 残留争いの常連で、日本代表がひとりもいない市原が、王者・磐田に立ち向かう。小さき者が巨大な相手に真っ向勝負を挑み、土俵際まで追い込む勇敢な姿が、観る者の心をとらえた。

ジェフに自力優勝のチャンスが。

 だが、磐田も負けてはいない。逆転されてから1分も経たないうちに、ジヴコヴィッチのクロスに前田が頭で合わせ、スコアをタイに戻すのだ。

 真夏の熱戦は2-2のまま、痛み分けとなった。追う磐田にとっては痛恨だったが、逃げる市原にとっては勝ちに等しいドローと言えた。依然として首位をキープしているうえに、3位に後退した磐田から自力優勝の芽を摘み取ったからである。

 ファーストステージは残り2試合。天王山の陰で2位に浮上した横浜FM、3位の磐田の結果いかんでは、次節にも市原のステージ初優勝が決まる――。

 未知の領域に突入した市原が、優勝のプレッシャーに晒されたのは、ここからだった。

【次ページ】 オシムが教え子を評した言葉。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イビチャ・オシム
ジェフユナイテッド千葉
阿部勇樹

Jリーグの前後のコラム

ページトップ