Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<僕たちのイチ論。>
清原和博「あの日、イチローは言ったんです……」

posted2019/03/17 17:00

 
<僕たちのイチ論。>清原和博「あの日、イチローは言ったんです……」<Number Web> photograph by KYODO

故・仰木彬監督による縁もあり、清原の要請を快諾する形でイチローが'06年の宮古島キャンプに参加。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

KYODO

 2人の大打者はかつて、確かに深い部分で結びついていた。自己との闘いを続ける清原が苦悩の中で忘れじの記憶を必死にたぐった。

 いざ、口を開こうという段になって、清原和博は頭を抱え込んでしまった。

「会った瞬間に理屈抜きで思ったんです。ただ、なんていうのか、2人じゃないとわからない、感覚的なものなんです……」

 イチローと初めて深く交錯したのは2006年初頭のことだった。清原は巨人から事実上、戦力外とされ、オリックスへの入団を決めていた。そこへ、すでに世界に認知されていた「ICHIRO」から食事の誘いがあったのだという。

 神戸の夜。

 良くも悪くも一瞬にしか生きられない無冠の帝王と、病的に映るほど日々の浮き沈みを排し、積み重ねることの価値を「200」という数字で世に知らしめていた新時代のスターとでは、重なるところなどないのではないか。

 周りからそう見られていた2人は、この夜を境に見事に融合した。

 なぜか。

 今、清原はそれを言葉にしようと煩悶している。失くすはずのない、失ってはいけない記憶を頭の中から引っぱり出そうとして、短く刈り込んだ頭をかきむしりながら「うーん……」と唸っている。

「そもそも、世界中を探してもイチローのバッティングを語れる人なんていないと思うんですよ……」

 そう言いながらも、語りたいことがある。

「でも……、打者として僕らに共通していたのはボールを遠くに飛ばせるということでした。だから、イチローを尊敬していたんです。僕の場合は体も大きいですし、筋力的にもパワーがあると思うんですが、イチローは僕に比べて線も細いし、筋力も違うと思う。それなのに、僕と同じくらい飛ばすんですから。僕とは飛ばし方が違う。そういうことなんでしょう。理屈は分からなかったんですが、それだけ技術があるということだと思うんです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1422文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

イチローを見よ。

Sports Graphic Number 974

イチローを見よ。

 

清原和博
イチロー
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ