Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<W杯南米予選も佳境へ>
ブラジル&アルゼンチン「強国の明暗」 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/09/25 06:00

<W杯南米予選も佳境へ>ブラジル&アルゼンチン「強国の明暗」<Number Web> photograph by Getty Images
新指揮官サンパオリのもと、本大会出場へ負けられない戦いが続くアルゼンチン。チッチ監督のもとで自信と創造性を取り戻し、本大会出場を決めた王国ブラジル。南米のサッカー両大国の今を追った。

 スコアレスドローで、出場10カ国中5位。このままならオセアニア地区1位との大陸間プレーオフへ――結果だけ見れば「アルゼンチン、大丈夫か」と危惧する人がいるかもしれない。しかし、この試合の内容と今後の日程を勘案すると、この超大国が予選を突破するのは間違いない。そう確信できる、アルゼンチンの戦いぶりだった。


 8月31日夜、ウルグアイの首都モンテビデオのセンテナリオ・スタジアムで行なわれた2018年ワールドカップ(W杯)南米予選。第1回W杯開催のために建設された「サッカーの世界遺産」は6万人の観衆で超満員。アルゼンチンから数千人のサポーターがやって来て、スタンドの一角で声を張り上げ、痛烈なブーイングを浴びている。

 試合前の状況は、ウルグアイが2位コロンビアと勝ち点1差の3位(勝ち点23)で、4位チリ(同23)を挟んでアルゼンチンが5位(同22)。しかもエクアドル(同20)、ペルー、パラグアイ(いずれも同18)が間近に迫っており、結果次第では6位以下に転落する可能性があった。

 アルゼンチンは、今年6月に就任したホルヘ・サンパオリ監督(前セビージャ)にとって初の公式戦。フォーメーションは3-4-3。絶対的なレギュラー、CBマスチェラーノ(バルセロナ)とCFイグアイン(ユベントス)を外し、長身のファッシオ(ローマ)を3バック中央に、若手CFイカルディ(インテル)をトップに抜擢した。3トップは、右からメッシ(バルセロナ)、イカルディ、ディバラ(ユベントス)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2766文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新生日本代表いざ、ロシアへ。

Sports Graphic Number 2017/9/15臨時増刊

新生日本代表
いざ、ロシアへ。

 

ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ