Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<主将として選抜へ>
清宮幸太郎「春の開花を待ちわびて」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/03/15 09:00

<主将として選抜へ>清宮幸太郎「春の開花を待ちわびて」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama
都大会を制したが、決勝でまさかの5三振。だが、そこには打てないながらもチームに貢献しようとする“主将”の姿があった。 3月19日開幕の第89回選抜高校野球。早稲田実業の新主将・清宮幸太郎が、初めて春の切符を掴んだ昨秋の都大会での奮闘を振り返ります。2016年11月18日発売のNumber臨時増刊号「日本代表、新たなる希望。~W杯アジア最終予選前半戦総括~」に掲載の記事を、特別に公開します。

 うれし涙のようでも、悔し涙のようでも、あった。

 9月3日に開幕した高校野球の秋季東京都大会が11月3日、幕を閉じた。同大会で、新主将の清宮幸太郎を擁する早稲田実業は8試合を戦い抜き、早実としては斎藤佑樹(日本ハム)がいたとき以来、11年振りとなる都制覇という最高の果実を実らせた。

「うちは、誰かが失敗しても助けてくれるチームなんで」

 そう声をやや震わせながら振り返った清宮の目は、神宮球場のナイター照明に照らされて光っていた。

 都大会決勝の相手は、西東京の宿命のライバルでもある日大三。舞台となった神宮球場は、高校野球では珍しく外野スタンドまで開放され、異様な熱気に包まれた。

 その大一番で清宮は、左スリークォーターの速球派・櫻井周斗から「記憶にない」という5打席連続三振を喫する。決め球はいずれも外に逃げていく変化球で、第3打席以外は、すべて空振り三振だった。

「まったく当たる気がしませんでしたね……」

 それでいながら、早実は最終回、4番・野村大樹のサヨナラホームランなどで2点差をひっくり返し、8-6で勝利した。

 思えば、7月23日、夏の甲子園をかけた西東京大会の準々決勝で八王子に敗れ、「いつかこの負けが必要な負けだったと言いたい」と涙に暮れてから約3カ月。清宮にとって来春の「選抜大会当確」ともなる優勝は、待ちに待った瞬間だった。

 しかし、仲間から5度胴上げをされ「気持ちよかったッス」と喜びを口にしながらも、さすがに笑顔はほとんど見られなかった。優勝の喜びと、5三振の屈辱。その和をぎりぎりゼロに保つことで精一杯のように映った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

清宮幸太郎
早稲田実業高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ