Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<主将として選抜へ>
清宮幸太郎「春の開花を待ちわびて」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/03/15 09:00

<主将として選抜へ>清宮幸太郎「春の開花を待ちわびて」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama
都大会を制したが、決勝でまさかの5三振。だが、そこには打てないながらもチームに貢献しようとする“主将”の姿があった。
3月19日開幕の第89回選抜高校野球。早稲田実業の新主将・清宮幸太郎が、初めて春の切符を掴んだ昨秋の都大会での奮闘を振り返ります。2016年11月18日発売のNumber臨時増刊号「日本代表、新たなる希望。~W杯アジア最終予選前半戦総括~」に掲載の記事を、特別に公開します。

 うれし涙のようでも、悔し涙のようでも、あった。

 9月3日に開幕した高校野球の秋季東京都大会が11月3日、幕を閉じた。同大会で、新主将の清宮幸太郎を擁する早稲田実業は8試合を戦い抜き、早実としては斎藤佑樹(日本ハム)がいたとき以来、11年振りとなる都制覇という最高の果実を実らせた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2667文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

清宮幸太郎
早稲田実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ