Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<革命を起こせ>
大本洋嗣(水球男子日本代表監督)、「奇跡」の行方。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2016/08/04 09:00

<革命を起こせ>大本洋嗣(水球男子日本代表監督)、「奇跡」の行方。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto
監督が世界初と自負する驚異の戦術で、従来の常識と概念を打ち破ってきた。水球版「ジャパン・ウェイ」の挑戦が再び始まる。

 どんな奇跡と呼ばれる勝利にも、遡れば、その兆しは必ず見つかるものだ。

 水球男子日本代表の場合、その「兆し」は、ワールドリーグスーパーファイナル予選リーグ最終戦、ブラジル戦にあった――後にそう語られることになるかもしれない。


 今年のブラジルは、五輪が地元開催ということもあり、指揮官として五輪で4度頂点を極めたクロアチア人監督のラトコ・ルディッチを招へいするだけでなく、水球強国から5人もの大型選手を帰化させ、これまでとは別のチームに生まれ変わっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2260文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大本洋嗣
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ