Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<革命を起こせ>
大本洋嗣(水球男子日本代表監督)、「奇跡」の行方。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2016/08/04 09:00

<革命を起こせ>大本洋嗣(水球男子日本代表監督)、「奇跡」の行方。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto
監督が世界初と自負する驚異の戦術で、従来の常識と概念を打ち破ってきた。水球版「ジャパン・ウェイ」の挑戦が再び始まる。

 どんな奇跡と呼ばれる勝利にも、遡れば、その兆しは必ず見つかるものだ。

 水球男子日本代表の場合、その「兆し」は、ワールドリーグスーパーファイナル予選リーグ最終戦、ブラジル戦にあった――後にそう語られることになるかもしれない。

 今年のブラジルは、五輪が地元開催ということもあり、指揮官として五輪で4度頂点を極めたクロアチア人監督のラトコ・ルディッチを招へいするだけでなく、水球強国から5人もの大型選手を帰化させ、これまでとは別のチームに生まれ変わっていた。

 そんなブラジルを相手に、日本は前半から得意のカウンター攻撃がおもしろいように決まり、12-10で逃げ切ったのだ。

 試合後、監督の大本洋嗣は興奮を抑え切れなかった。

「歴史的勝利と言っていいと思いますよ」

 同大会で結局、日本は1勝しかできなかったが、世界選手権の次に位置する国際大会で史上最高位の6位に食い込んだ。

 ハンドボールは28年、バスケットボールは40年、ホッケーは48年。肉体的コンタクトのある夏季五輪の男子団体球技は、ほとんどが数十年単位で五輪から遠ざかっている。そのどん底から一足先に抜けだしたのが、昨年12月、常識外の戦い方で32年振りに五輪出場を決めた男子水球だった。

「ヤケクソですよ」

 大本は、世界初の戦術「パスライン・ディフェンス」を編み出したきっかけを、照れ隠しだろう、やや投げやりな言い方で表現した。身長188cm、体重90kg。胸板が厚く、肩幅が広く、足はひょろっとしている。典型的な水球体形である。名門・日体大出身で、現役中は日本代表の「ディフェンスの要」として活躍した。

 大本にとって今回は2度目の代表監督だった。監督を退いていた時期、ロンドン五輪を目指したチームは日本水球史上最強と呼ばれた。しかし、それでも五輪には届かなかった。'12年、再就任時は貧乏くじを引かされたと思った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

大本洋嗣
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ