Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<車いすテニス、キングの矜持>
国枝慎吾「最後は“欲”の強いヤツが勝つんです」 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/01/07 06:00

<車いすテニス、キングの矜持>国枝慎吾「最後は“欲”の強いヤツが勝つんです」<Number Web> photograph by AFLO

2015年の全仏では、ダブルスで自身初となるグランドスラム4大会連続優勝を果たした。

世界ランク1位を維持し続け、既に9年。車いすテニスの世界で頂点に君臨する男が語る、リオでの大舞台を控えた1年への決意とは。

 国枝慎吾は負けたことがニュースになる数少ないアスリートの1人だ。'15年12月、シーズン最終戦のNECマスターズ1次リーグでヨアキム・ジェラールに敗れ、2014年1月から続いた連勝が77で止まった。

「まあ、順当な結果かなと。優勝できるだけのコンディションになっていなかったので、覚悟していた部分もありました。メンタル面での駆け引きではこちらに分があるので、いけるかなとは思っていたのですが、それだけではごまかしきれなかった」

 11月に腰を痛め、調整不足で臨んだ大会だった。過去10戦全勝の相手に1次リーグ、決勝と連敗し、4連覇を逃した。シングルスでは約2年ぶりの敗戦だったが、ショックは「思ったほどではなかった」という。

「たった1大会やられただけという気持ちはあるし、トータルで見れば、グランドスラムのシングルスは全部取っているし、十分満足のいく1年だったと思います」


 '15年は四大大会のうち車いすのシングルスを開催する全豪、全仏、全米を'14年に続いて全制覇した。ただ、いかに常勝・国枝でも、悪い条件がそろえば負ける。

「勝ち続けるのはもちろん目標ではありますが、たまにこういうのを食らうと、より駆り立てられるっていうのもあるんです。ごくまれに味わう負けも、エネルギーを与えてくれるきっかけにしなきゃいけないし、実際、そうなると思います」

 気持ちは切り替わった。パラリンピックイヤーの'16年。リオはもちろん最大の目標だが、ツアー大会もおろそかにはしない。四大大会は全部勝つつもりだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

国枝慎吾

他競技の前後のコラム

ページトップ