Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

浅田真央、得点力UPの“秘訣”。
~ジャッジの目で見たさらなる「伸びしろ」~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph bySunao Noto

posted2015/11/19 06:00

浅田真央、得点力UPの“秘訣”。~ジャッジの目で見たさらなる「伸びしろ」~<Number Web> photograph by Sunao Noto
現役復帰した浅田真央は次なるステージへと羽ばたき始めた。今後、最高得点を出すために参考となるのが“ジャッジの視点”。彼女をずっと見てきた2人が指摘する、演技のポイントとは?

 2014年3月の世界選手権後の長期休養から、今年10月のジャパンオープンで553日ぶりに浅田真央は競技大会へと復帰を果たした。国内外のトップスケーターが集う中、141.70と1位の点数をたたき出し、多くの祝福とともに迎えられた。その4分は、再出発の起点である。それとともに、休養前と比べてどこまで復調しているのか、現段階でのポテンシャルを推し量る演技であり、今シーズンを、今後を占うベースでもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4626文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

浅田真央

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ