Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<憧れの地に挑む>
乾貴士「スペインで日本人成功の先駆者になりたい」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2015/09/24 06:00

<憧れの地に挑む>乾貴士「スペインで日本人成功の先駆者になりたい」<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima
エイバルが史上初の移籍金を用意して迎えたのは日本屈指のテクニシャンだった。幼い頃から夢見たリーガ・エスパニョーラの舞台に辿りついた男が、人口2万7000人の町で、新たな一歩を踏み出した。

 バスクの山間に、かぎりなく村落に近い、小さな町がある。

 ビルバオから東へ、風ふく谷をぬけ、ロバ歩む山道を越えたところにひっそりと佇むその町の名はエイバルという。

 この夏、ふたつのニュースが2万7000人の住民を騒がせた。

 ひとつは、今季は2部を戦うはずだったエイバルが、経営難のエルチェが2部降格処分を受けたことで繰り上がり、再び1部でプレーできるようになったこと。

 そしてもうひとつが、日本人選手の獲得だった。

“巨額の移籍金30万ユーロでイヌイ獲得”

 乾貴士のエイバル移籍を、バスクの地元紙は1面で報じた。エイバルが移籍金を支払うのはクラブ史上初のことだ。

 アルダのバルセロナ入りや、デヘアのレアル・マドリー移籍騒動が国を沸かせる中、少なくともバスクの山間では、乾の加入がこの夏の最大の関心事だったのである。


 乾と待ち合わせをしたのは、ウンサガ・プラサ・ホテルのロビーだった。入り口には立派な名前が掲げられているけれど、町にはホテルがひとつしかないから、人々はここを「ホテル」と呼んでいる。

 ロビーのソファにこしかけ、乾はパソコンで真剣にJリーグの試合を見ていた。リーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、Jリーグは、かかさずにチェックしているという。中でもリーガは常に気にかけていたリーグだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2258文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカー欧州組総力特集>俺が変われば日本は変わる。
乾貴士
エイバル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ