Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<歴代監督の比較論>
吉田麻也「僕が学んだザック、アギーレ、ハリルホジッチの哲学」 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2015/06/16 06:00

<歴代監督の比較論>吉田麻也「僕が学んだザック、アギーレ、ハリルホジッチの哲学」<Number Web> photograph by Tomoki Momozono
日本代表に定着して以来、3人目の指揮官の下でプレーする。プレミア唯一の日本人DFは、新監督をどう見ているのか。ザッケローニ、アギーレとの違いを独自の視点で語る。

 ドイツ・デュッセルドルフ。オランダでプレーしていた頃はよく通ったこの街を、吉田麻也はプレミアリーグの試合の合間を縫って訪れた。馴染みの日本料理屋に集まったのは、ドイツやその近隣諸国でプレーしている日本代表の面々。そしてテーブルの中心には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がいた。楽しい会話の中に織り交ぜられる、選手たちへのメッセージ。厳格だがウィットに富んだ指揮官への印象は、ここでも変わらなかった。

   ◇

 合宿中の時ほどはシビアな話にはならなかった。ただ、あらためて監督としてキャリアも長いし、哲学がしっかりとある人だと思った。そして、完璧主義者。妥協はしないですね。自分自身にもそうだし、他人に対しても。でも、高圧的に命令する感じではない。僕たちの意見にすごく耳を傾けてくる。またこれまでの監督とは違う性格の方ですね。

 真面目でカッチリしているところは、ザックさん(ザッケローニ元代表監督)と似ている。ただチーム作りは違う。ザックさんはある程度メンバーを固めていった。クラブチームみたいな作り方だった。でもハリルさんは、最初からはっきりと「競争が必要」と口にしている。僕たちにも「常にクラブで試合に出て欲しい。コンディションが良い選手を選ぶ。試合に出ないとダメだ」と常に話している。競争を煽っていますね、良い意味で。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3799文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

指揮官ハリルホジッチの正体。

Sports Graphic Number 879

指揮官ハリルホジッチの正体。

 

吉田麻也
アルベルト・ザッケローニ
ハビエル・アギーレ
ヴァイッド・ハリルホジッチ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ