SCORE CARDBACK NUMBER

互いの成長を糧として。渡部兄弟が目指す頂。~2人で手にした日本初の銅メダル~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/03/23 16:00

互いの成長を糧として。渡部兄弟が目指す頂。~2人で手にした日本初の銅メダル~<Number Web> photograph by KYODO

クロスカントリー最終盤ではフランス、オーストリアとの3位争いを兄・暁斗(左)が制した。

 フィンランドのラハティで行なわれたノルディックスキー世界選手権(2月22日~3月5日)の複合団体スプリントで、渡部暁斗&渡部善斗(いずれも北野建設)の兄弟コンビが銅メダルを獲得した。2人1組で争うこの種目で、日本が表彰台に上がったのは初めてのことだ。

 28歳の兄・暁斗にとっては個人ラージヒル銀メダルに続く今大会2つ目のメダルであり、3歳下の弟・善斗にとっては自身初の世界選手権メダル。表彰式ではそろって笑顔を振りまいた。

 団体スプリントは非五輪種目だが、平昌五輪が1年後に控えているとあって、世界の強豪たちはハイレベルな争いを見せていた。そんな中、日本は前半のジャンプで3位につけると、後半の距離(1.5km×10周)ではトップから18秒遅れの3番手からのスタートとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 553文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

怪物たちのセンバツ。

Sports Graphic Number 923

怪物たちのセンバツ。

 

渡部暁斗
渡部善斗
荻原健司
荻原次晴
平昌五輪

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ