ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

野球記者が鮮やかに描く、大リーガーのユーモア小説。~1910年代のMLBはめちゃくちゃだ!~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/04/12 07:00

野球記者が鮮やかに描く、大リーガーのユーモア小説。~1910年代のMLBはめちゃくちゃだ!~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『メジャー・リーグのうぬぼれルーキー』リング・ラードナー著 加島祥造訳 ちくま文庫(重版未定)

 本書の原書が出版されて今年で101年。原書はいまだに現役で、印刷版、電子版がある。シカゴの野球記者が雑誌に連載した野球ユーモア小説。それがアメリカ文学の古典になった。

 時は、生涯打率史上1位のタイ・カッブや通算417勝の投手ウォルター・ジョンソンらが活躍した1910年代。田舎チームの若手投手ジャック・キーフにホワイトソックスが目をつけ、買い取った。ジャックは、“おれが一番”のうぬぼれ屋だ。その奮闘の日々を手紙に綴り故郷の親友アルに伝えた。「うちのチームがいくらもうけたか知らねえが、大リーグに売られた以上、やるぜ。アル、見ててくれよ」。読者は作品中には全く姿を見せないアルになり、ジャックのおしゃべりな手紙に付き合うのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 546文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<WBC2017>侍ジャパン、激闘の記憶。
リング・ラードナー
加島祥造

MLBの前後の記事

ページトップ