オリンピックへの道BACK NUMBER

体操女子、43歳の生ける伝説選手。
「東京五輪を目指すか? もちろん」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/25 11:00

体操女子、43歳の生ける伝説選手。「東京五輪を目指すか? もちろん」<Number Web> photograph by AFLO

自身の名を冠する技も持つチュソビチナ、東京五輪では45歳を迎える。

東京五輪出場を狙っている。

 ドイツから出場したのには、事情があった。長男が急性リンパ性白血病を発症、ウズベキスタンの医療環境を考え、そして海外での高額な治療費を選手としての賞金で賄うために、生活の拠点をドイツに移し、ドイツ国籍を取得したのだ。

 その後、ウズベキスタンから復帰を打診され、チュソビチナの功績を称えたドイツがそれを認めたため、ウズベキスタンの選手として活動している。

 その生涯にあって、変わらなかったのは体操という存在だった。その足を止めようとは今も思っていない。

 チュソビチナは、2年後の東京五輪出場をも、明確に視野に入れているのだ。「東京でオリンピックに戻ってくる?」という質問に、「もちろん」と答えている。

 それほどまでに取り組み続けられる理由を、当の本人はこう説明していた。

「自分がどれだけ競技を続けられるか、私自身が見たいと思っています。なぜなら、体操が好きだからです」

何歳でもマットの上で平等。

 さらに、こうも語っている。

「マットの上では、40歳でも16歳でも、誰もが平等なのです」

 それらのシンプルな言葉は、シンプルではあっても、信じきっているからこそ強く響く。今日まで現役でいられる理由の一端だろう。そこにすべての答えがあるわけではないにしても、少なくとも、チュソビチナが驚異の競技生活を刻み続けている事実は存在する。

 彼女のような存在が日本にもいることはご存知の通りだろう。体操では内村航平もまた、ふさわしいキャリアを重ねつつあるし、他競技を見ても、例えばノルディックスキー・ジャンプの葛西紀明であったり、現代にはそうした選手が何人もいる。

 チュソビチナをはじめとする選手たちの残す足跡は、新たな道を、可能性を後に続く選手たちに示している。

 そして彼らの活躍をリアルタイムに見られる時代であることにも、思い至る。

フィギュア&体操美しく、強く。

Sports Graphic Number 966

フィギュア&体操
美しく、強く。

 

関連記事

BACK 1 2
オクサナ・チュソビチナ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後の記事

ページトップ