野ボール横丁BACK NUMBER

智辯和歌山を抑えた「4本の矢」。
近江・多賀監督は継投マスター。

posted2018/08/07 17:00

 
智辯和歌山を抑えた「4本の矢」。近江・多賀監督は継投マスター。<Number Web> photograph by Kyodo News

近江高校の多賀監督が「大博打」と表現した継投策に火をつけたのは先発の松岡裕樹だった。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 2本が3本になり、3本が4本になった。

「大博打でいきました」

 近江の多賀章仁監督は、試合後、気持ちを高ぶらせながら振り返った。

 この春の選抜大会は2人の左腕、2年生の林優樹が先発し、エースの金城登耶が抑えるという継投策で挑んだ。この夏の滋賀大会は、2人の間に急成長した本格派右腕・佐合大輔を挟み、3人の継投策で勝ち抜いた。

 甲子園ではこの3人に、滋賀大会では1回しか投げていない右サイドハンドの松岡裕樹が加わった。

 松岡(右横手)→林(左)→佐合(右)→金城(左)。

 これが甲子園用、もっといえば智辯和歌山用に編成された近江の新継投策だった。

「相手が智辯和歌山じゃなかったら」

「相手が智辯和歌山じゃなかったら、滋賀大会と同じように3人でいってたでしょうね。うちの持ち味は投手力。今日は、それを前面に出していこうと思った。

 向こうは王者ですから。こちらはノープレッシャー。捨て身の気持ちでいける。松岡は経験が浅いので、先発しか投げさせるところが思いつかなかった。それに相手の高嶋(仁)監督は、当然左の先発を予想してくると思ったので、思い切って松岡にかけました」

 その松岡が初回、無失点で切り抜けて波に乗った。

「立ち上がりからストライクが入ってましたからね。安心しました。松岡は横からでも140キロぐらい出る。はまるとすごいんですよ」

 継投のタイミングとして決めていたのは「前半は松岡と林、後半は佐合と金城」という大枠だけ。結果的に松岡2回、林3回3分の1、佐合2回3分の2、金城1回とほぼ想定通りに分担し、強打の智辯和歌山打線を3失点でとどめた。

【次ページ】 2001年夏には「3本の矢」で準優勝。

1 2 NEXT
多賀章仁
近江高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ