リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

往年の名手アビダルがバルサ帰還。
使命はデンベレを覚醒させること。

posted2018/08/02 10:30

 
往年の名手アビダルがバルサ帰還。使命はデンベレを覚醒させること。<Number Web> photograph by Uniphoto press

バルサは今季もメッシ(右)ら豪華なアタッカーを並べる。2年目のデンベレは存在感を放てるか。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 補強の成功、失敗の判定は通常シーズンを終えたところでやるものだが、顔ぶれだけで話を進めると、いまのところ今年のバルセロナは巧くやっている。

 ディフェンスラインの強化には昨季セビージャで活躍したクレマン・ラングレを選んだ。

 イニエスタが大きな穴を残していった中盤には、グレミオのアルトゥールを「2019年1月加入予定」を前倒しして連れてきた。また、戦術的に重要なドリブラーにはローマ入りが実質決定していたマルコムをかっさらってきた。

 アルトゥールとマルコムはリーガと“バルサ式”への順応に時間がかかるかもしれないが、ファンに夢を抱かせるタレントであることは間違いない。

 加えて、クラブが“新戦力”として期待しているのがウスマン・デンベレだ。

莫大な移籍金でも活躍できず。

 昨シーズンはデビュー3戦目で負傷。バルベルデ監督のゲームプラン内に居場所を作り損ね、最終的に与えられた出番はリーガが17試合930分。CLが3試合143分だった。

 獲得に要した1億5000万ユーロ(約194億円)が当時のクラブ記録を塗り替え話題になったが、初年のコストパフォーマンスの悪さも新記録である。

 それでもデンベレの潜在能力は変わることなく評価され、いずれネイマールやムバッペと同等のレベルに達するとも言われている。

 だからこそクラブは、なんとか彼を覚醒させたい。本領を発揮してもらいたいのだ。

 ところで、この夏バルサはグリーズマンを獲るつもりでいた。

 昨年6月にアトレティコ・マドリーとの契約を延長していたが、解約金2億ユーロ(約260億円)が今年の7月1日以降は1億ユーロに下がる点に目をつけ、「本人が望めば移籍可能」と踏んだのだ。

 その目的は、もちろん攻撃力アップ。しかし、移籍に付随する効果もバルサにとっては見逃せないものだった。

【次ページ】 グリーズマンの獲得失敗で話し相手が。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バルセロナ
エリック・アビダル
ウスマン・デンベレ
アントワン・グリーズマン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ