Number ExBACK NUMBER

あのブレイディ来日でも騒がれない。
日本でのアメフト認知に必要なこと。 

text by

別府響(文藝春秋)

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/08/14 08:00

あのブレイディ来日でも騒がれない。日本でのアメフト認知に必要なこと。<Number Web> photograph by AFLO

NFL史に残るQB、トム・ブレイディ。彼が来日したというスポーツニュースは、もっと大きな価値を持ってよかった。

ブレイディの本気のスローを受けた選手は驚いていた。

 実は今回の来日中、イベントとはいえブレイディの本気のスローイングを受けた日本人選手がいる。それがXリーグのIBMビッグブルーに所属するワイドレシーバー・栗原嵩だ。

「過去にNFLのドラフト1位選手のボールも受けたことがありますが、ブレイディのボールは別格。捕りやすさが全く違いました」

 栗原は4年前にNFLチームのボルチモア・レイヴンズのサマーキャンプに参加し、そこでの実力が認められ「契約前提」でチームのトレーニングキャンプへの招待を受けた経験を持つ。現役の日本人選手としては、最もNFLの舞台に近づいた選手だ。

 結果的にはビザの問題もあり、トレーニングキャンプへの参加は叶わなかったが、その後も再びキャンプに招待されたり、NFL経験のある選手たちのトライアウトであるベテランコンバインに呼ばれるなど、NFL経験者たちと狭き門を巡って競い合ってきた。その体験を経た上で、栗原はこう語る。

「いろんな人が『日本人にNFLは無理だ』と言いますけど、僕は実際にキャンプに行ってみて『イケる!』と思いました」

日本人が試されるのは、フィジカルよりもカルチャー。

 アメリカンフットボールはコンタクトスポーツであるため、体格の違いから日本人のプレーのハードルが高いと言われることも多い。だが、栗原はその見方には疑問を呈する。

「よく聞くのは『フィジカル面で日本人は劣るから難しい』という言葉ですが、そういう単純なことではないと思います。NFLにはフィジカルが凄い選手もいますが、十分戦えるレベルの選手もたくさんいます。そういう部分よりも、むしろ日米のカルチャーの違いが大きな差になっているように思うんです」

 日本人のNFL参戦を阻む大きな障壁――。「カルチャーの違い」とはどういうことなのだろうか。

【次ページ】 高いパフォーマンスを出し続けるのが本当に難しい。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トム・ブレイディ

他競技の前後のコラム

ページトップ