セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエと食の切っても切れない関係。
サッカーはソウルフードで強くなる? 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/10/08 10:40

セリエと食の切っても切れない関係。サッカーはソウルフードで強くなる?<Number Web> photograph by AFLO

ミラノ万博で作られた1.6kmの長さでギネス記録となったピザ。自国料理への愛の結晶と言えるだろう。

食のノウハウはイタリアサッカー界の財産。

 外国人選手にとっては、英気を養いモチベーションを維持するために、出身国のソウルフードも不可欠だろう。ナポリやインテルの南米出身選手たちが、しばしば集会を開き、アルゼンチン名物の焼肉料理「アサド」で団結心を高めるのは、その一例といえる。

 出身国の料理でモチベーションを上げつつ、日々の体力維持と増強をメディテラネア式のイタリア料理で、というのが現在のセリエAスタンダードだ。

 今夏のプレシーズンキャンプ中、キエーボやカルピは、選手たちの迅速な疲労回復を促すために、あえて就寝30分前に甘いパイ菓子やヨーグルト、トースト類の夜食を摂らせた。栄養面の管理を含めた食のノウハウは、イタリア・サッカー界の財産ともいえる。

 7節でアタランタを下し、'98-'99年シーズン以来の単独首位に立ったフィオレンティーナのシェフ、アンドレア・トラパーニは、フィレンツェの名門料理学校のエグゼクティブ・シェフも務める。ドルチェ(ケーキ類)の達人として知られる彼は、脂肪分を嫌う選手向けにバターを半減させた特製生地のタルトを考案した。

 同じく7節でミランを蹴散らし勢いに乗るナポリの専属シェフ、チロ・サラティエッロの自慢料理は、バター抜きのパルマ風リゾットだ。食通で知られるデラウレンティス会長と、遠征先でのメニューについて1時間も話し込むこともある彼は、サッカー少年のママたちの参考になること請け合い、と評判のレシピ本も出版した。

 チームの胃袋を預かる彼らシェフたちにとって、何より嬉しいのは、世界中のクラブを渡り歩き、舌も肥えているはずの外国人選手からの「美味しい」の一言だという。

寿司がチームの食事に入る日も?

 奇しくも現在イタリアでは、地球上の“食”をテーマにしたミラノ万博が、10月末まで開催されている。先日、取材する機会があったが、入場待ち最大4時間という日本のパビリオンの、あまりの人気ぶりに驚かされた。

 イタリアでも「和食ブーム・寿司ブーム」と言われて久しい。セリエAでも、MFボルハ・バレロ(フィオレンティーナ)のように寿司好きを公言する選手も随分増えた。いつか、セリエAのシェフたちが、日々のメニューに寿司を加える日も来るだろうか。
 

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
トッティ
インザーギ
ゼンガ
マルチェロ・リッピ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ