Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<日本サッカーはなぜ弱くなったのか>
決定力不足は永遠に続くのか?

posted2015/02/12 11:30

 
<日本サッカーはなぜ弱くなったのか>決定力不足は永遠に続くのか?<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

UAE戦で放ったシュートは35本。得点はわずか1。
日本の前に再び立ちはだかった“決定力不足”の壁。
代表の攻撃パターンを分析し、問題点を明らかにする。

 決定力が、足りない。先のアジアカップで連覇を逃した日本代表の、敗因の一つとみていい。

 そもそも、決定力とは何か。ここであらためて定義してみたい。乱暴に言うなら、「決めるべき時に決める力」である。さらに踏み込めば、こうなるだろうか。

“正確にシュートを打てば、得点になる確率が極めて高いと思われる状況で、確実にゴールネットを揺らす力”

 俗に言う、決定機を確実にモノにする力というわけだ。そうした力があるか否か、とは、詰まるところ、シュートを打つ主体(個人)の問題になる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2028文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

乾貴士
武藤嘉紀
豊田陽平
本田圭佑
香川真司
岡崎慎司

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ