海外サッカーPRESSBACK NUMBER

「30歳まではサッカーが嫌いだった」
元日本代表・加地亮、新天地での今。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byYoshitaka Kikuchi

posted2014/11/13 10:40

「30歳まではサッカーが嫌いだった」元日本代表・加地亮、新天地での今。<Number Web> photograph by Yoshitaka Kikuchi

今季、MLSチーバスUSAでプレーした加地亮選手。経営難などを理由に、チームは解散となり、現在、加地選手の去就は未定となっている。

「30歳ぐらいまでは、サッカーが嫌いでした」

「Jリーグに入って30歳ぐらいまでは、サッカーが嫌いでしたね。全然面白くないし、本当“仕事”というか、生活をしていくためにサッカーをやるという感覚でした。

 それが30歳を過ぎてから、自分にゆとりができてサッカーのことが考えられるようになって面白さがでてきたんです。今も昔もサッカー中心の人生に変わりはないですが、当時はそれに行き詰まっていたというか。それが遊び感覚の中でサッカーができるようになりましたね」

 今回の海外移籍は、加地にとってサッカーの楽しさを追求していく延長線上にある到達点だったのだ。

 だが、今シーズンMLSの管理下に置かれていたチーバスUSAは公式戦終了後にチーム解体が決定した。

 加地を含めた所属選手の処遇は、プレーオフ終了後に行なわれる振り分けドラフトまで宙に浮いた状態だ。それでも加地は、今後もMLSを主戦場にしたいという気持ちが強い。

「今は日本で(プレーすること)は考えていないです。ここで終わるつもりで、ここがなければ違う国でというのは思っています。あと4、5年はやれると自分の中で感じています。今でも体力的には全然問題ないです」

 まだまだ加地のサッカー探求の旅は終わりそうもない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

加地亮
チーバスUSA

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ