Number Do SpecialBACK NUMBER

<6大レースを駆け抜けて> ワールド・マラソン・メジャーズを走る日 

text by

南井正弘

南井正弘Masahiro Minai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/21 10:00

<6大レースを駆け抜けて> ワールド・マラソン・メジャーズを走る日<Number Web> photograph by Getty Images
一度でいいから走ってみたい――。世界中の市民ランナーが憧れる
6つの大会がある。東京、ロンドン、ボストン、ベルリン、シカゴ、
そしてニューヨークシティ。他の大会と何が違うんだろう?
そこを走ったときに何が見えるのだろう? 6つのレースを完走した
ランナーが教えてくれた、それぞれの大会で感じた歓びとは――。

好評発売中のNumber Do『完全保存版 死ぬまでに走りたい100の大会』より
「ワールド・マラソン・メジャーズ」を全走破したランナーに話を聞いた特集を
公開します!

 約7年前からほぼ毎日走っている。5年ほど続けた筋トレによりゴツくなり過ぎた体型を有酸素運動でシェイプするためと、村上春樹氏の『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んで感化されたからだ。

 始めて1カ月後にラスベガスでハーフマラソンを走り、以来、駅伝を含めて100近いレースに参加してきた。月によっては海外も含めて毎週のようにレースを走ることもある。「どの大会が一番楽しかったですか?」とよく聞かれるが、昨年11月に答えが決まった。ニューヨークシティマラソン(以下、NYCマラソン)を走ったのだ。ずっと出場を夢見ていた大会は、洗練されたオペレーション、ニューヨークの5つの区すべてを走るコース、沿道の応援、スタイリッシュなオフィシャルアパレル&ノベルティなど、そんじょそこらのロードレースとは明らかに格が違った。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4257文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>死ぬまでに走りたい100の大会

Sports Graphic Number Do 2014 Autumn

<完全保存版>
死ぬまでに走りたい100の大会

 

陸上の前後の記事

ページトップ