SCORE CARDBACK NUMBER

太田雄貴が世界選手権に
意気込む2つの理由。
~フェンシング発祥の地で頂点へ~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAtsushi Tomura/AFLO SPORT

posted2010/10/27 06:00

太田雄貴が世界選手権に意気込む2つの理由。~フェンシング発祥の地で頂点へ~<Number Web> photograph by Atsushi Tomura/AFLO SPORT

5月のW杯東京大会で優勝した太田。11月に世界選手権を戦い、「太田雄貴杯」を開催する

 フェンシングの世界選手権が来月4日に開幕する。今回はフェンシング発祥の地フランス・パリでの開催だけに、各国の選手もひときわ重視している。むろん、日本代表の太田雄貴も同様だ。

「僕自身の価値観では、オリンピックよりも上かもしれません」

 こう語る太田にとって、2つの点で大きな意味を持つ大会となる。

 まずは成績面での重要性である。'08年の北京五輪で銀メダルを獲得した太田は、昨年、期限付きでフランスのチームに移籍し活動。日本人選手として初めて国際フェンシング連盟のランキングで1位となり、ワールドカップでも5年ぶりに優勝を果たすなどの活躍を見せた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

太田雄貴
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ