SCORE CARDBACK NUMBER

ジャブラニが示した
日本の今後の「課題」。
~W杯でFKの得点が少なかった理由~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama(JMPA)

posted2010/07/21 06:00

ジャブラニが示した日本の今後の「課題」。~W杯でFKの得点が少なかった理由~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama(JMPA)

デンマーク戦でFKを決めた本田圭佑と遠藤保仁。ジャブラニは日本選手向きだったのか

 今回のワールドカップで採用された新ボール、「ジャブラニ」。大会前から様々な選手が、これをコントロールすることの難しさを語っていたが、確かに、今大会では簡単なトラップミスやパスミスが目立っていた。

 同様に、FKを直接決めるゴールが極端に少なかったのも特徴である。

 例えば、ファンペルシ(オランダ)はブラジルとの準々決勝で、前後半各1本ずつのFKでゴールを狙ったが、2本ともまったく同じように大きく浮かした。

 印象としては、下からこすり上げようとしても軽すぎて回転がかからず、そのまま上へ飛んで行ってしまった、といった感じだ。翌日の試合では、メッシ(アルゼンチン)もまた、大きくゴールの上を越えていくFKを蹴っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯2010 The Final

Sports Graphic Number 758

南アフリカW杯2010
The Final

 

関連記事

南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ