野球善哉BACK NUMBER

社会人を経てドラフト5位でDeNAへ。
攝津に続け!遅咲きの花・安部建輝。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2013/01/02 08:01

社会人を経てドラフト5位でDeNAへ。攝津に続け!遅咲きの花・安部建輝。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

DeNAから5位指名を受け、会見する安部建輝。近大附高の後輩である鶴直人(阪神)や近大の巽真悟(ソフトバンク)、同じNTT西日本から西武に1位指名された増田達至など、“ライバル”たちとの対戦にも注目が集まる。

「攝津の存在が社会人野球出身者への見る目を変えた」

 26歳という年齢は、投手としてプロデビューするには厳しい年齢という見方が一般的だろう。しかし、昨今のプロ野球事情を見ていると、社会人野球出身の選手たちの存在は無視できなくなってきている。2012年の沢村賞投手、攝津正(ソフトバンク)や2011年のパ・リーグ新人王・牧田和久(西武)、そして阪神の榎田大樹らは社会人からプロに入団、1年目からチームに欠かせない選手になり、即戦力として活躍しているのだ。

 巨人・渡辺政仁スカウトがこう証言する。

「攝津の存在が大きい。彼の活躍で、社会人野球の選手を見る目が変わったというのはあると思います。今、社会人はどこも選手を一度にたくさん獲ることができなくなっているでしょう。昔ならたくさん受け入れて、早いサイクルで引退するケースが多かったと思うんですけど、今は、チームで少ない選手を長い年数抱える。その分、じっくりと芽が出てくるようになっていると思う」

 もちろん、社会人野球自体の技術的な進歩もあるのだが、近年では、年齢にこだわらず、1イングでもきちんと抑える力を持ち、特長がある投手は指名リストに挙がるようになったという実情がある。

社会人出身、ドラフト5位、26歳で入団……安部と攝津の共通項。

 安部に関して言うと、彼には陽のあたらない場所で研鑚を積んできたという反骨心がある。多くの「試合経験」も武器になるだろう。学生野球とは違う「1球で地獄を見る」社会人野球で培った4年の経験は大きな財産となるに違いない。

 思えば攝津が2009年、JR東日本東北からドラフト5位でソフトバンクに入団したのは26歳のときだった。プロ入り後のインタビューで、彼は「あの年にプロからの指名がなければ諦めよう」と悲壮感を抱いていたことを明かしている。安部もまた、今回の指名がなければ、厳しい現実が待っていたであろう。

 社会人出身の苦労人、26歳でドラフト5位入団など、2人には共通項がいくつかある。安部に沢村賞を期待するのは酷な話だが、攝津の活躍を当時どれほどの関係者が予見していたか。安部にも期待がないわけではないはずだ。

「嬉しかったのは一瞬で、これからが勝負だと思っています」

 プロに臨む心情をそう吐露したオールドルーキー。

 果たして、安部建輝は、攝津のように遅咲きながら大きな花を咲かせることができるのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
安部建輝
横浜DeNAベイスターズ
鶴直人
巽真悟
攝津正
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ