Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<イラク代表監督として> ジーコ独占告白 「90分間、私は日本の敵になる」 

text by

竹澤哲

竹澤哲Satoshi Takezawa

PROFILE

photograph byKeita Yasukawa

posted2012/09/10 06:01

<イラク代表監督として> ジーコ独占告白 「90分間、私は日本の敵になる」<Number Web> photograph by Keita Yasukawa

日本が大勝したヨルダン戦で感じた、率直な感想。

 日本の2戦目、対ヨルダン戦はカタールでもテレビ放送された。その翌日、練習場を訪ねると、レギュラー組と控え組に分かれて練習試合を行なっていた。もともとは地元の学生を相手に試合をする予定でいたが、休日であるため、対戦相手が見つからなかったのだという。

 ハーフタイムにはレギュラー組を集めて、ジーコがなにやらジェスチャーをしながら大声で注意を与えていた。オマーン戦まであと3日と迫り、ぴりぴりとしたムードがフィールドに満ちていた。

 日本対ヨルダン戦についてどのように感じたのか。緊迫した練習の後だったが、ジーコはいやな顔もせず答えてくれた。

「ヨルダンが多くのメンバーを入れ替えたことには驚かされた。我々と戦ったときとは4~5人が入れ替わっていたのだ。イエローカードをもらっていたからか、怪我をしていたのかは分からない。しかしそのことが試合に影響したのはたしかだ。日本は幸運にも、先取点を早い時間帯でとることができた。ボールは前田の肩に当たって入った。日本の優勢は絶対的だった。

 しかもヨルダンは一人が退場となった。2対0となった時点で、ヨルダンはさらに困難になった。日本は利点をよく活かし、とてもいい戦いをした。攻撃においてとても高いレベルの選手がいる。テクニックがあり、ヨーロッパでの経験もある。日本は素晴らしいチームだ。ザッケローニ監督にはおめでとうと祝福したい。もしこれでオーストラリアに勝利すれば(※編集部注・6月12日に行われた第3節は、1-1で引き分け)、実質上、W杯出場を決めたといってもいいだろう。気持ちの上でも乗ってくるし、自信もつくはずだ。

本田や香川以上にジーコが大きな成長を感じたのは、遠藤だった。

 私は日本代表の選手全員をよく知っている。だから今さら驚くことはない。しかし特に遠藤はとてもよかった。大きく成長していることを感じた。誰もが本田と香川のことを褒めるが、その起点となったボールは遠藤や長谷部から出ていたのだ。それがなければ、得点にはならなかった。彼らはとても自由にやっていた。ヨルダンとしては遠藤と長谷部を自由にさせたのがよくなかったのだ。さらに二人のサイドバックはとてもよく攻撃を支え、貢献していた」

 質問を終えて感謝の意を伝えると、ジーコはこれだけ話してもまだ話し足りなかったのだろうか、少し微笑みながらも、強い語調で言い放った。

「イラクは彼らをまちがいなく厳しくマークするし、自由にはさせないだろう」

 その後オマーンと引き分け、グループ2位につけたイラク。日本との9月決戦へ向け、ジーコは着々と準備を進めてくるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ