ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

絶対に夢をあきらめない……。
寺川綾ら競泳メダリストの五輪秘話。  

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTetsuya Higashikawa/JMPA

posted2012/07/31 11:50

絶対に夢をあきらめない……。寺川綾ら競泳メダリストの五輪秘話。 <Number Web> photograph by Tetsuya Higashikawa/JMPA

予選タイムでは4位、準決勝で3位、そして決勝で見事銅メダルを獲得した寺川。「ロンドンまでに悔いを残したくない。先は何も考えられない」と五輪大会前に語っており、大会後の現役引退を覚悟で臨んだ本番であった。

寺川のメドレー、入江の200m……まだまだ期待は続く。

 入江は北京五輪でメダルを期待されながら5位に終わり、その悔しさをばねにロンドンを目指してきた。

 大学4年生の鈴木は、高校時代までは目立った成績を残していないが、大学進学後に才能が開花。初出場でのメダルとなった。

 彼らはまだ出場種目を残している。寺川はメドレーリレーに出場する。入江は得意とする200mがあり、鈴木は200mとメドレーリレーにエントリーする予定だ。勢いにのって、どのような泳ぎを見せるか、楽しみなところだ。

 初日、400m個人メドレーで萩野公介が銅メダルを獲得したのに始まり、好調が目立つ競泳チーム。31日(日本時間1日未明)には、男子バタフライ200m決勝が行なわれる。準決勝では松田丈志がマイケル・フェルプスを抑え、全体の1位で決勝に進んだ。

 悲願としてきた打倒フェルプスを果たし、金メダルなるか。

 注目のレースとなる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

寺川綾
平井伯昌
北島康介
中村礼子
入江陵介
萩野公介
松田丈志
マイケル・フェルプス
鈴木聡美
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ