SCORE CARDBACK NUMBER

レスリング全日本選抜で復帰する
“不遇の天才”。
~ロンドン五輪を目指す坂本日登美~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAkihiro Sugimoto/AFLO SPORT

posted2010/04/28 06:00

レスリング全日本選抜で復帰する“不遇の天才”。~ロンドン五輪を目指す坂本日登美~<Number Web> photograph by Akihiro Sugimoto/AFLO SPORT

最後に優勝した'08年世界選手権で見せた笑顔。引退後、全日本女子チームのコーチをしていた

 5月1日からレスリングの全日本選抜選手権が行なわれる。今夏の世界選手権代表の選考大会だが、ここで一人の選手が2度目の復帰を果たす。女子の坂本日登美である。今年1月、29歳になった。一般的には、知る人ぞ知る、といった立場かもしれない。だがレスリング界では知らぬ者のない存在である。

 '90年代末、坂本が台頭してきたときの衝撃は大きかった。彼女のあまりにも卓越した技術に、「女子レスリングの歴史が変わる」と語る関係者もいたほどだ。

 世界選手権に計6度出場し、27戦全勝ですべて優勝。相手に1ポイントも与えない圧勝で、大会最優秀選手に選ばれたこともある。余談だが、坂本は自衛官である。「功績は大」と女性自衛官初の第1級賞詞を授与されてもいる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

坂本日登美
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ