SCORE CARDBACK NUMBER

立ち技の2つのスタイルを
並立させる組織が誕生。
~K-1系とムエタイ共通の問題点~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

posted2010/02/15 06:00

立ち技の2つのスタイルを並立させる組織が誕生。~K-1系とムエタイ共通の問題点~<Number Web>

会見での、左からRISE代表の伊藤隆、藤原敏男、山口元気、M-1 MC代表の山本智各氏

 ここ数年、日本の立ち技格闘技に大きな変化が起こっている。RISEやKrushなど限りなくK-1に近いルールでのイベントが増える一方で、純粋なムエタイのイベントも増えているのだ。それ以前はキックボクシングがK-1系もムエタイも内包することが多かった。国内では一番歴史の長いキックが上位概念にあったからだ。

 単純にルールを比較すると、ヒジが反則でヒザにも制限を加えられたK-1系と、ヒジもヒザもOKのムエタイは似て非なる競技。しかし、イベントとしての問題点は同一だ。マッチメークなど一過性の話題を求めたあまり、競技の面が疎かになりがちな傾向があったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 647文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

バンクーバー五輪特集あなたの知らないフィギュアの世界。

関連記事

格闘技の前後の記事

ページトップ