SCORE CARDBACK NUMBER

日本独特の気候のもと、
秋春制は本当に可能か?
~解消できないJリーグの積雪問題~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph bysponichi

posted2010/02/25 06:00

日本独特の気候のもと、秋春制は本当に可能か?~解消できないJリーグの積雪問題~<Number Web> photograph by sponichi

昨季第2節、カラーボールを導入した山形×名古屋戦。ハーフタイムには雪かきを行った

 東アジア選手権が開幕した2月6日、東京は冷たい風が吹き荒れていた。ただし、この日の天気は晴れ。凍てつく寒さはこたえたが、サッカーをすること自体に問題はなかった。

 しかし、日本は広い。同じ日、日本海側を中心に、東北や北陸は大雪に見舞われていた。東京にいると実感が乏しくなるが、日本には、この時期、外でサッカーができない地域もあるのだ。

 私自身、新潟出身である。実際、高校時代は冬場、グラウンドが使えなかった。春が近づくと、1年生部員が雪かきをする。グラウンドに積もった雪に穴を掘り、陽が当たる面積を増やして、雪解けを早めるのが恒例行事だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州チャンピオンズリーグバルサを撃て!

関連記事

Jリーグの前後の記事

ページトップ