NumberEYESBACK NUMBER

蹴球シーズン到来告げる、
鹿島対ガンバ、因縁対決。
~J王者対天皇杯覇者の行方は~ 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2010/02/26 06:00

蹴球シーズン到来告げる、鹿島対ガンバ、因縁対決。~J王者対天皇杯覇者の行方は~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

W杯イヤーのJリーグを占うにふさわしい好カードが実現した

 2月27日、Jリーグ王者・鹿島アントラーズと天皇杯覇者・ガンバ大阪が激突する富士ゼロックス・スーパーカップが開催される。

 今年は、2年連続同一カードとなった。昨年は、鹿島がガンバを3-0と圧倒し、そのままJリーグ開幕から勢いに乗り、一時低迷したものの、最終的にJリーグ3連覇の偉業を達成した。

 ガンバは、惨敗したゼロックス・ショックから立ち直って直後のJリーグ開幕戦こそ勝利で飾ったものの、なかなか波に乗り切れなかった。シーズン終盤、鹿島に勝てば首位という大一番で1-5と大敗を喫し、優勝を逃した。試合後、山口智は「チーム力の差以上に、伝統の差を感じた」と神妙に語り、畏怖さえ覚えたことを吐露した。ガンバは、“伝統”という目に見えない大きな力を初めて思い知らされたのである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

西野朗
遠藤保仁
山口智
小笠原満男
ガンバ大阪
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ