SCORE CARDBACK NUMBER

大山加奈に光明も、勝つ術は未だ見えず。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byTakao Yamada

posted2005/12/08 00:00

大山加奈に光明も、勝つ術は未だ見えず。<Number Web> photograph by Takao Yamada

 昨夏のアテネ五輪で最高潮に達した女子バレーボールの人気が、まだ続いている。11月15日から東京と名古屋で行われたワールドグランドチャンピオンズカップは、どの会場も超満員。サッカー日本代表のアンゴラ戦と重なった16日の韓国戦でも視聴率はサッカーの16.4%に対し、12.7%と健闘。あらためて関心の高さを証明した。だが肝心の成績は、初戦の欧州王者ポーランドにはセットカウント2―1とリードしながらフルセットの末、逆転負け。第2戦で当たった韓国はストレートで下したものの、舞台を名古屋に移した第3戦のブラジルには、1セットも取れずに完敗。続く第4戦の中国、最終戦の米国にもまったく歯が立たず、結局1勝4敗で5位に終わった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

World Cup Germany 2006 Countdown 1 ドイツW杯出場32ヵ国決定。 選ばれし者たち The 32 Survivors for Germany
大山加奈
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後の記事

ページトップ