SCORE CARDBACK NUMBER

復活した“青筋”で、モーニングは突き進む。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2005/12/22 00:00

 アロンゾ・モーニング(マイアミ・ヒート)のこめかみに「青筋」が戻った。若い頃のモーニングは、こめかみの青筋がトレードマークとなるくらいの激しさで毎試合、毎練習を戦っていた。あまりの激しさに、負けた試合後には近づくのすら恐いほどだった。

 5年前に腎臓障害が見つかり、さらに2年前には腎臓移植を受けたことで、モーニングの世界観はがらりと変わった。ユニフォームを着てプレーできる幸せをかみ締め、以前より穏やかな表情を見せることが増えた。そんなモーニングの「青筋」復活は、過去オールスターに7回、最優秀ディフェンス賞に2回選ばれたどう猛なモーニングが復活した証でもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

World Cup Germany 2006 Countdown 2 最強軍団ブラジルを暴け!

バスケットボールの前後の記事

ページトップ