SCORE CARDBACK NUMBER

ルーキー・高橋裕紀は
実戦の場で何を掴む? 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2005/03/03 00:00

ルーキー・高橋裕紀は実戦の場で何を掴む?<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 若手育成を目標に、ホンダが実施している「ホンダ・レーシング・スカラーシップ」第2期生として、今季、WGP250ccクラスに高橋裕紀(20)が参戦する。高橋は昨年の全日本GP250チャンピオン。スポット参戦した一昨年の日本GPでは3位表彰台に立っている。イタリアの「チーム・スコット」に所属し、開幕に向けて、すでにスペインのヘレス、バレンシアでテストをこなした。彼はレースを始めたころからブリヂストン(BS)ユーザーだったが、WGPではダンロップ(DL)に変わる。この2回のテストの目的はタイヤの特性の違いに慣れること。そして、素晴らしいグリップを誇る日本のサーキットから、ヨーロッパの荒れた路面を初めて経験し、戸惑いを見せた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 624文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

小さいことはいいことだ! スポーツ小兵列伝。
高橋裕紀

MotoGPの前後の記事

ページトップ