NumberEYESBACK NUMBER

ACL王者ガンバが制した天皇杯で
見えたもの。 

text by

猪狩真一

猪狩真一Shinichi Igari

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2009/01/16 04:04

ACL王者ガンバが制した天皇杯で見えたもの。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

 ガンバ大阪と柏レイソルの激突となった元日の天皇杯サッカー決勝。準決勝に続き、スコアレスのまま延長戦にもつれ込んだタフなゲームを、ガンバは、不振からスタメン落ちを喫していたストライカー播戸竜二の劇的な復活弾で制した。

 これで'08年のガンバは、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)と天皇杯の2冠王者に。そしてリーグ戦で逃した来季のACL出場権も、この優勝で手にすることになった。

 トヨタ・クラブW杯の初戦から3週間弱で6試合という超強行日程の中、ガンバの故障者は増える一方だった。彼らの気力をつなぎとめたものは言うまでもなく、クラブW杯につながるACLの出場権という巨大な“副賞”。マンチェスター・Uと刃を交えた、あの得難い経験を再び味わいたい。そんな欲求が生まれた直後に天皇杯に突入したことは、日程の過密さを相殺して余りある強力な追い風だったとも言える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

播戸竜二
ガンバ大阪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ