NumberEYESBACK NUMBER

日本勢は世界水泳で
世界新を出せるのか?
~入江陵介ら、注目の競泳陣~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2009/07/22 11:30

日本勢は世界水泳で世界新を出せるのか?~入江陵介ら、注目の競泳陣~<Number Web> photograph by Takao Fujita

入江は直前の大会で複数の水着を試し、準備に抜かりはない

 今月17日からイタリア・ローマで開かれる水泳世界選手権ではシンクロナイズドスイミング、水球、飛込み、オープンウォータースイミング、競泳が実施される。うち、競泳種目は26日にはじまる。北京五輪から1年を経た今大会は、次のロンドン五輪へ向けた試金石の場である。

 選手にとって、五輪はひとつの節目だ。4年間追い続けた舞台が幕を閉じると、競技生活を続けるか、身を退くか進路を考えざるをえない。五輪出場を逃がした選手にとっては、再スタートの時期である。つまり、五輪翌年に行なわれる大会は、3年後までを見通すことのできる選手が現れる機会なのだ。例えば、2000年のシドニー五輪翌年の大会では、平泳ぎ200mで北島康介が五輪、世界選手権を通じて初のメダルとなる銅を獲得し、アテネ五輪の次の年の2005年には、松田丈志がバタフライ200mで銀メダルを獲得している。その後の彼らの活躍は周知のことだろう。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

田村菜々香
金藤理絵
古賀淳也
入江陵介
野瀬瞳
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ