多田修平 

世界陸上まであと1カ月なのに“参加標準記録突破者ゼロ”…男子100mは負の連鎖を断ち切れるか

オリンピックPRESS

世界陸上まであと1カ月なのに“参加標準記録突破者ゼロ”…男子100mは負の連鎖を断ち切れるか

日本選手権(6月9~12日)を前に男子スプリント勢が“ピンチ”に立たされている。東京五輪が開催された昨年は日本選手権を前に山… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

短距離走

2022/06/08

五輪惨敗から1カ月…桐生祥秀「走り方からぜんぶ変えました」 日本スプリント勢が世界と戦えなかった“2つの理由”

オリンピックPRESS

五輪惨敗から1カ月…桐生祥秀「走り方からぜんぶ変えました」 日本スプリント勢が世界と戦えなかった“2つの理由”

本番でいかにタイムを上げていくのか。日本勢の課題は明確だ。恵まれた条件以外でも、9秒台に近いタイムで走れるくらいアベレー… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

短距離走

2021/09/04

400mリレーで「攻めバトンに賭けるしかなかった」事情…日本の短距離はなぜ“惨敗”してしまったのか?

Overseas Report

400mリレーで「攻めバトンに賭けるしかなかった」事情…日本の短距離はなぜ“惨敗”してしまったのか?

残念ながらバトンは繋がらなかった。100m、200mでも予選通過はならなかった。ピーキングやコンディショニングも勝負、技術の一部… 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

短距離走

2021/08/08

“9秒台が4人でハイレベル”と言われた陸上短距離勢は東京五輪に何を感じたか 「世界に置いていかれている感じがしました」

オリンピックへの道

“9秒台が4人でハイレベル”と言われた陸上短距離勢は東京五輪に何を感じたか 「世界に置いていかれている感じがしました」

バトンは、届かなかった。8月6日、陸上男子4×100mリレー決勝。多田修平、山縣亮太、桐生祥秀、小池祐貴、予選と同じオーダーで… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

短距離走

2021/08/07

桐生祥秀の覚悟とニッポン4継の絆

Sports Graphic Number Special

桐生祥秀の覚悟とニッポン4継の絆

男子4×100mリレー=4継の肝はチームワークにあり。今大会、リレーにすべてを懸ける桐生はそれを最も知る男だろう。悲願の金メダ… 続きを読む

宝田将志Shoji Takarada

短距離走

有料

2021/07/31

男子4×100mリレー「銀メダル以上は実現できる?」「桐生とデーデーはなぜ選出?」理想オーダーに必要な“3つの条件”

オリンピックPRESS

男子4×100mリレー「銀メダル以上は実現できる?」「桐生とデーデーはなぜ選出?」理想オーダーに必要な“3つの条件”

8月6日に行われる決勝で、16年リオデジャネイロ五輪の銀以上の結果を目指す陸上男子4×100mリレー。 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

短距離走

2021/07/16

陸上日本選手権男子100m「果てなきデッドヒート」~ドキュメント~

Sports Graphic Number Special

陸上日本選手権男子100m「果てなきデッドヒート」~ドキュメント~

山縣亮太、桐生祥秀、サニブラウン・ハキーム、そして小池祐貴。日本選手権で4人の9秒台スプリンターが走るのは史上初だった。五… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

短距離走

有料

2021/07/01

多田修平25歳は高3まで「全国レベルで優勝できなかった」…日本選手権1位に急成長するまで“不調だった3年間”

Number Ex

多田修平25歳は高3まで「全国レベルで優勝できなかった」…日本選手権1位に急成長するまで“不調だった3年間”

2017年と2021年。この2年が多田修平の人生を変えた。高校時代は世代トップというわけではなかった多田だが大学3年になった2017年… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

短距離走

2021/06/29

桐生祥秀「一区切りかな」 山縣亮太は“9.95”のダメージが… 日本選手権「男子100m」はなぜ明暗が分かれたか

オリンピックPRESS

桐生祥秀「一区切りかな」 山縣亮太は“9.95”のダメージが… 日本選手権「男子100m」はなぜ明暗が分かれたか

少し前に降った強い雨は上がったが、走路面は濡れた状態で、ほぼ無風の条件でスタートした6月25日の日本陸上競技選手権男子100m… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

短距離走

2021/06/28

多田修平、涙!「本当にここまで来るのは長かった」10秒15優勝で初の五輪切符…山縣亮太も3位で内定【日本選手権男子100m】

Number News

多田修平、涙!「本当にここまで来るのは長かった」10秒15優勝で初の五輪切符…山縣亮太も3位で内定【日本選手権男子100m】

陸上の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権は25日に男子100m決勝が行われ、多田修平が10秒15で1着、3着の山縣亮太とともに東京… 続きを読む

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

短距離走

2021/06/25

「勝負強さに欠ける」という視線を跳ね返し…桐生祥秀の「勝ち」へのこだわりとプロ意識

オリンピックへの道

「勝負強さに欠ける」という視線を跳ね返し…桐生祥秀の「勝ち」へのこだわりとプロ意識

記録は記録として尊い。同時に「勝つこと」も重要だ。そういう意味で、桐生にとって、今回の日本選手権優勝は価値がある。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

短距離走

2020/10/18

桐生祥秀が新国立の初代王者に。トップ選手の違和感から見えること。

オリンピックPRESS

桐生祥秀が新国立の初代王者に。
トップ選手の違和感から見えること。

8月23日、新国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ陸上で優勝した桐生のタイムは10秒14。決して悪いタイムではな… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

短距離走

2020/08/24

サニブラウンも桐生も本気は決勝で。“第3の男”も絶好調の激戦男子100m。

スポーツ・インテリジェンス原論

サニブラウンも桐生も本気は決勝で。
“第3の男”も絶好調の激戦男子100m。

日本陸上選手権・準決勝、サニブラウン(フロリダ大)のタイムは10秒05。しかも、最後は流してこのタイム。6月28日夜8時30分、条… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

短距離走

2019/06/28

リレーは常にリスクと背中合わせ。4×100の失格と、日本の“匠の技”。

スポーツ・インテリジェンス原論

リレーは常にリスクと背中合わせ。
4×100の失格と、日本の“匠の技”。

5月11日は、新横浜が熱かった。午後3時10分からはBリーグの優勝決定戦、アルバルク東京と千葉ジェッツの熱戦があり、会見で監督… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

短距離走

2019/05/13

アジア大会でぶっちぎりの金。「四継」の代表争いの行方は?~空前のハイレベル、高まる期待感~

SCORE CARD

アジア大会でぶっちぎりの金。「四継」の代表争いの行方は?~空前のハイレベル、高まる期待感~

ぶっちぎりだった。8月30日に行なわれたジャカルタ・アジア大会陸上男子400mリレー。日本が誇る“リレー侍”4人衆が、38秒16で20… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

短距離走

有料

2018/09/18

男子100m、日本選手権での充実ぶり。「できない」という固定観念の打破。

オリンピックへの道

男子100m、日本選手権での充実ぶり。
「できない」という固定観念の打破。

6月22日から24日にかけて、山口県で陸上の日本選手権が開催された。中でも注目を集めたのは、23日に決勝が行なわれた男子100mで… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

短距離走

2018/07/01

陸上・多田修平が語る100m観戦術。「中盤の加速を見てほしいですね」。

Sports Graphic Number

陸上・多田修平が語る100m観戦術。
「中盤の加速を見てほしいですね」。

スポーツ観戦を楽しむ――。一流アスリートたちの戦いを、現地に赴き自らの目で観戦することは、多くの人にとってとても魅力的な… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PR

2018/05/21

テニス、ゴルフ同様のランキング制に。陸上界改革で東京五輪はどうなる?

Overseas Report

テニス、ゴルフ同様のランキング制に。
陸上界改革で東京五輪はどうなる?

東京五輪まであと2年。五輪の花形競技のひとつ、陸上は、国際陸上競技連盟(以下、国際陸連)がこの春からランキング制を採用す… 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

陸上

2018/04/26

スプリンターはロードレースを走る。~桐生祥秀の9.98は、100m走の興味をタイムから勝敗に移すか~

Before The Game

スプリンターはロードレースを走る。~桐生祥秀の9.98は、100m走の興味をタイムから勝敗に移すか~

それは必ず破られる記録であり不滅の記憶でもある。もし明日に9秒97の優勝者がレンガ色のトラックを躍り、明後日に9.96の数字が… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

短距離走

有料

2017/10/06

桐生祥秀の9秒98が生まれた軌跡。土江コーチが語る反発、信頼、進化。

オリンピックPRESS

桐生祥秀の9秒98が生まれた軌跡。
土江コーチが語る反発、信頼、進化。

9月9日の日本インカレ男子100mで桐生祥秀が出した9秒98。彼を指導する東洋大の土江裕寛コーチは翌日の10日、レースをこう振り返… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

短距離走

2017/09/12

ページトップ