スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

サニブラウンも桐生も本気は決勝で。
“第3の男”も絶好調の激戦男子100m。

posted2019/06/28 11:50

 
サニブラウンも桐生も本気は決勝で。“第3の男”も絶好調の激戦男子100m。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

サニブラウン対桐生に注目が集まるのは当然だが、決勝で小池祐貴がインパクトを残す可能性は十分にある。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 日本陸上選手権・準決勝、サニブラウン(フロリダ大)のタイムは10秒05。

 しかも、最後は流してこのタイム。

 6月28日夜8時30分、条件さえ整えば9秒台が出ることを予感させる走りだった。

 レース後に行われるサニブラウンへの取材は、いつも興味深いものになる。

 たった10秒ほどのことなのに、サニブラウンの説明は具体的で、10秒間に驚くほどのことが起きていることが分かる。準決勝を終えて、ミックスゾーンに現れてからの第一声は、

「いやあ、またスタート失敗しちゃって」

というものだった。

サニブラウンの本当の力はまだある。

 これまでもスタートに課題を抱えているのは衆目の一致するところだったが、この日は極端に悪かった。特に予選ではかなり出遅れた。

「予選のスターターのタイミングが早すぎて……(苦笑)。コーチからしっかりと聞いてからスタートするように言われているんですが、準決勝でも“聞きすぎちゃって”、また遅れてしまいました」

 今回の日本選手権は、スターターにとってなかなか難しい大会になっている。

 会場となっている博多の森陸上競技場の近くには福岡空港があり、飛行機が飛来する音が時にスタートの邪魔になる。ピストルを鳴らすスターターも、たしかに神経質になるだろう。

 納得いくスタートが切れなかったサニブラウンだが、中盤からの加速は圧倒的だった。

「ラストは何もしなくてもスピードに乗れたので」

 この言葉は、温存している「ロケット」があることを示している。決勝では最終盤に「グイーン」と伸びを見せるかもしれない。われわれはまだ、サニブラウンの本当の力を目撃していない。

【次ページ】 9秒台は「自ずと……」。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サニブラウン・アブデルハキーム
多田修平
小池祐貴
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ